マンU、MFマタとの契約を1年延長! GKヒートンの古巣復帰も発表

拡大画像を見る

 マンチェスター・Uは1日、クラブに所属するスペイン人MFフアン・マタの契約延長を発表した。新契約は2022年6月までとなる。

 現在33歳のマタは2014年1月にチェルシーから加入。同選手はマンチェスター・U加入後の8シーズンで、公式戦通算273試合に出場して51ゴール47アシストを記録している。2020-2021シーズンは公式戦18試合の出場に留まったものの、昨年9月のクラブ月間最優秀選手賞を受賞した。

 また、マンチェスター・Uは同日、アストン・ヴィラからイングランド人GKトム・ヒートンを獲得したことも発表した。

 35歳のヒートンはマンチェスター・Uの下部組織出身で、2005年にトップチーム昇格を果たし、2010年まで在籍した。同選手はその後、カーディフやブリストル、バーンリーを経て、2019年にアストン・ヴィラに加入。同選手は今月、アストン・ヴィラとの契約を満了し、マンチェスター・Uへの古巣復帰を果たした。

 同選手は、マンチェスター・Uの公式サイトを通じて「子供の頃に13年間もここで素晴らしい時間を過ごして、また戻ってくることができ、信じられない気持ちだよ。これから始まることにとても興奮している」と話した。

 また、「まだまだたくさんのことをしたいと思っているし、楽しみにしている。全力で取り組むよ。他のGKとの競争を楽しみにしている」と意気込みを述べた。

関連リンク

  • 7/2 21:40
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます