佐々木希、「愛情が一番大事」発言から“一変”!? インスタ“意味深”投稿も「渡部への皮肉?」「大丈夫?」と臆測呼ぶ

 女優・佐々木希が7月1日、インスタグラムのストーリーズ(24時間限定公開)に「色んな憶測や嘘も多い昨今」などと“意味深”な文章を投稿。佐々木といえば昨年、夫のアンジャッシュ・渡部建の不倫が発覚し、ネット上には今もなお佐々木を心配する声が寄せられているが、「渡部の騒動勃発から1年たち、彼女の言動にも変化が出てきた」(芸能ライター)ようだ。

「佐々木は2017年に渡部と結婚していますが、昨年6月11日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、渡部が結婚前から複数の女性と関係を持っていたことや、結婚後もそれを繰り返し、“多目的トイレ”で女性と密会していたことなどが判明しました。渡部は同誌の発売前日に芸能活動自粛を発表しており、いざ記事が世に出ると、ネット上では批判が飛び交うと同時に、第1子を子育て中の佐々木を気遣う声が続出しました」(同)

 佐々木は「文春」発売翌日、インスタで夫の騒動を謝罪しつつ「今回の件について、夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います」とコメント。マスコミ関係者の間では、当初から「佐々木は離婚しないようだ」と言われており、実際、現在も渡部は活動自粛状態のまま、夫婦関係を継続している。

「佐々木は昨年9月発売の女性誌『an・an』(マガジンハウス)のロングインタビューで、不倫発覚時の心境について『とにかく朝がつらかった。余計なことを考えてしまって、どんどん気持ちが塞いでいった』と告白。さらに、『周りの方々にもハッピーであふれていてほしい。家族も、仕事で会う人たちもそう。どうしたらそうなるのかな、と思ったときに、結局、愛なんだな、と気付きました。自分にも人にも、愛情を持つことが一番大事』『仕事も家族も、愛を持って接するからこそ、いいものが生まれると信じています』と“愛”の大切さについて繰り返し語っていました。しかしその後、騒動について触れることはなく、インスタも明るく前向きな投稿ばかりだったんです」(同)

 そんな中、6月16日放送の情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演映画『リカ~自称28歳の純愛モンスター~』のプロモーションで出演。そこでの発言が、ネット上で話題を呼んだ。

「“今一番必要なもの”を問われ、同映画で主演を務める高岡早紀が『愛』と答えたのに対し、佐々木は『仕事とかですかね。大事ですよね、生きていく上で』と回答。そして、『ということは?』と掘り下げた高岡と一緒に『お金』と述べたんです。この発言がメディアで取り上げられると、ネット上には『あれだけ愛情が大事って言ってたのに、一変したね。たくましいってういか』『仕事って言ったのは渡部への皮肉かな』『そりゃあ、働かない夫と暮らしてれば、“愛より金”って言いたくもなるよね』といったコメントが寄せられました」(同)

 また、7月1日発売の「女性セブン」(小学館)は、佐々木が個人会社の名義で4億円の新居を購入したと報道。世間からは「離婚に向けて動き出した?」「夫婦関係に変化か?」と臆測する声も上がっている。

「そんな反応を受けてか、佐々木はインスタのストーリーで『色んな憶測や嘘も多い昨今… 今日も前向きに過ごせているのは、応援してくださるファンの皆様や 支えてくださる周りの方々のおかげです!』(原文ママ)というメッセージを発信。“臆測や嘘”が具体的に何を指しているのかは不明ですが、ネガティブな投稿をすること自体がめずらしいため、ファンから『大丈夫?』と心配する声も上がっています」(同)

 いまだ渡部への嫌悪感を示すネットユーザーも多いが、佐々木の選択を見守っていきたい。

  • 7/2 17:47
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます