【2022年以降に公開予定】最近決定した新作映画7選/スカヨハ製作のディズニー映画ほか

拡大画像を見る

ハリウッドでは新作映画の製作ニュースが続々と報じられているので、ここ最近で製作が決定した気になる作品7選をご紹介。今回は、スカーレット・ヨハンソンがプロデュースを手掛けるディズニーの新作映画や、スティーヴン・キングによる小説の映画版などが登場します!

『死霊館』の脚本家が新作ホラー映画シリーズを監督!

大人気ホラー映画『死霊館』シリーズで脚本を務めるチャド&ケイリー・W・ヘイズ兄弟が、新たなホラー映画のフランチャイズとなる『The LaLaurie Mansion』で指揮を執ることが報じられました!

タイトルの“ラローリー・マンション”とはニューオーリンズにある有名な幽霊屋敷で、その邸宅に住んでいた社交家のマダム・ローリーは、1800年代初頭に多くの奴隷を拷問して殺害した連続殺人犯。1834年に邸宅が火災に遭ったときに、マダムが犯した殺人の数々が明るみになったという恐ろしい場所です。そして、事件の発覚後に街から逃げたマダムは逮捕されることはありませんでした。

『ソウ』シリーズのダレン・リン・バウズマンがメガホンを取る!

1932年からラローリー・マンションは一般に公開されていませんが、なんとヘイズ兄弟は実際に映画の脚本を同マンションで執筆したというから、かなり筋金入りのホラー作品だと言えそう。

世界中で大ヒットを放ってきた、『ソウ』シリーズ4作でメガホンを取ったダレン・リン・バウズマンが監督を務め、これまでに数多くの人気ホラー作品を生み出した精悦が集結した『The LaLaurie Mansion』の仕上がりに期待が持てそうです!

日本の漫画「メイドインアビス」がハリウッドで映画化!

つくしあきひとによる日本の漫画「メイドインアビス」が、ハリウッドで映画化されることが発表されました!

2012年に出版された原作の主人公は、アビスの淵にあるオークという街で暮らす12歳のリコ。偉大な探窟家として知られていた母親ライザが、アビスの深部を冒険するために旅立ったまま行方不明に…。孤児となったリコが探窟家の見習いとなり、多くの謎が潜むアビスの深層を目指す姿が描かれるファンタジー・アドベンチャーです。

2017年に「メイドインアビス」はアニメシリーズとして放送され、2019年にアニメ映画『劇場版総集編 メイドインアビス 【前編】 旅立ちの夜明け』と同名タイトルの後編、2020年には『劇場版 メイドインアビス 深き魂の黎明』が公開されています。

実写化されるのはハリウッド版が初となり、ケヴィン・マクマリン(『First Prize』)が脚色を手掛け、日系俳優でプロデューサーのマシ・オカ(『HEROES/ヒーローズ』)とロイ・リー(『ゴジラvsコング』)が製作を務める予定です。

スティーヴン・キングの息子が手掛けた短編小説が映画に!

ジョー・ヒル

JUNE 2: Portrait of author and comic book writer Joe Hill taken on June 2, 2011. (Photo by Will Ireland/SFX Magazine/Future via Getty Images)

“ホラーの帝王”との異名を誇るスティーヴン・キングの息子、ジョー・ヒルも作家として数多くの作品を生み出していることは意外と知られていませんが、ジョーによる短編小説「Abraham’s Boys」が映画化されることが明らかに!

本作は、ブラム・ストーカーの古典小説「吸血鬼ドラキュラ」の続編的な内容となり、物語の主人公は幼い頃から父親エイブラハムの過保護な態度と奇妙な行動を理解できなかった、息子のマックスとルディ・ヴァン・ヘルシング。父親の過去について何も知らなかった二人が、ますます妄想と暴力が激しくなっていく父親に翻弄されていく…という展開に。

ナターシャ・ケルマニ(『Lucky』)が脚本&監督を務め、映画版ではマックスとルディが負ったトラウマが、死と縁深いアジア人女性の目を通して描かれるそうです。

スカーレット・ヨハンソンがディズニー映画『Tower Of Terror』を製作!

NEW YORK, NY - SEPTEMBER 24: Actress Scarlett Johansson attends the "He Named Me Malala" premiere at Ziegfeld Theater on September 24, 2015 in New York City. (Photo by Taylor Hill/FilmMagic)

マーベル映画『アベンジャーズ』シリーズのブラック・ウィドウ役で知られるスカーレット・ヨハンソンが、ディズニーランドの人気アトラクション「タワー・オブ・テラー」にインスパイアされたディズニー映画『Tower Of Terror』を製作することが発表されました!

現時点でプロジェクトは初期段階にあるため、映画がどんな設定やストーリーになるのかは明かされていません。

スカーレットは自身のプロダクション会社を通して、『インサイド・ヘッド』(2015年)や『トイ・ストーリー4』(2019年)を手掛けたジョシュ・クーリーと共同でプロデュースと手掛ける予定です。

レナ・ダナム&リリー・コリンズが新作映画でタッグ!

レナ・ダナム

LONDON, ENGLAND - JUNE 25: Lena Dunham attends The Summer Party 2019 Presented By Serpentine Galleries And Chanel at The Serpentine Gallery on June 25, 2019 in London, England. (Photo by Karwai Tang/WireImage)

人気ドラマ『GIRLS/ガールズ』で監督&企画&製作総指揮&脚本&主演の5役をこなし、新作映画『Catherine, Called Birdy』と『Sharp Stick』でも監督を務めたレナ・ダナムが、バービー人形を製造販売する米マーテル社の人形、ポーリー・ポケットを主人公にした映画でメガホンを取ることが明らかに!

映画では、ポケットサイズの小さな人形ポーリーと少女が友情を築く物語が綴られ、すでに、『白雪姫と鏡の女王』(2012年)や『シャドウハンター』(2015年)などで知られるリリー・コリンズがポーリー役で主演することも決定。

ダナムは監督だけでなく脚本も手掛け、サンディノ・モヤ=スミス(『オーシャンズ8』)とウィリー・カリロ(『Lucid』)らが製作総指揮に名を連ねています。

リリー・コリンズ

LOS ANGELES, CALIFORNIA - JUNE 08: Lily Collins attends Les Misérables Photo Call at Linwood Dunn Theater on June 08, 2019 in Los Angeles, California. (Photo by Jon Kopaloff/Getty Images)

スティーヴン・キングの小説「クリスティーン」が2度目の映画化!

スティーヴン・キング

AUSTIN, TX - NOVEMBER 15: Author Stephen King signs copies of his new book 'Revival: A Novel' at Book People on November 15, 2014 in Austin, Texas. (Photo by Rick Kern/WireImage)

ホラーの帝王と呼ばれるスティーヴン・キングによる小説の数多くが映像化されていますが、1983年にジョン・カーペンターが監督を務めた『クリスティーン』のリバイバル版が製作されることが報じられました!

小説の主人公は、呪われた1958年型のプリマスを手に入れた青年アーニー。“クリスティーン”と名付けられた車が意志を持つようになって復讐を始めたことで、アーニーや周りの人々も変わり始める…というストーリー。

その新バージョンとなるリバイバル版で脚本&監督を務めるのは、本作が監督デビューとなるブライアン・フラー。これまでにフラーは、『羊たちの沈黙』に登場したハニバル・レクターを主人公にした心理サスペンスドラマ『ハンニバル』や、SFドラマ『スター・トレック:ディスカバリー』などでクリエイター&製作総指揮&脚本を手掛けてきました。

映画界へ進出するフラーが、ドラマ界と同じような成功を収められるか注目したいところです。

クリスティーン

クリスティーン

1983年/アメリカ ポーランド/110分

作品情報 / レビューはこちら

レジェンダリーがコミックス「God Country」を映画化!

映画スタジオのレジェンダリーとAfterShock Mediaがタッグを組み、ドニー・ケイツによるコミックス「God Country」を映画化することが発表されました!

コミックスの主人公は、妻を失い認知症になった老人エメット・クインラン。時に爆発するような攻撃性を見せるエメットは子ども達の手に余り、地元警察も対処できないほどになっていました。

そんななか、エメットが暮らすテキサス州西部が竜巻に襲われて何もかもが吹き飛ばされ、その瓦礫の下からエメットが発見されるのですが、竜巻の目の中にあった魔法の剣により、健全な心と体、そして驚異的なパワーが彼に与えられます。

こうしてエメットは、テキサス州に引き寄せられる異世界のクリーチャーと闘える唯一の男となり、平和を守るために立ち上がる…というストーリー。

同じくコミックスの実写化となるNetflixのドラマシリーズ『スイート・トゥース:鹿の角を持つ少年』で、クリエイター&監督&脚本&製作総指揮を務めるジム・ミックルがメガホンを取り、原作者のケイツが脚本を手掛ける予定です。

関連リンク

  • 7/1 20:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます