坂下千里子 長女の弁当作り「朝から唐揚げ修行にもだいぶ慣れ」 塩昆布最強説に共感広がる

拡大画像を見る

 2児の母でタレントの坂下千里子が1日、インスタグラムを投稿。中学1年の長女(12)のために作った弁当の写真を公開した。

 今年4月から長女が中学に進学。弁当作りがスタートし、「#お弁当#1回目#成長記録#成長しない場合あり」などと投稿。先月23日には鳥の唐揚げがメインの弁当を公開し「どんどん雑になっていくお弁当 娘のお弁当感想も全然無い!!」と坂下らしくユーモアたっぷりに自虐コメントを添えてつづり、飾らないキャラクターがかいまみえる投稿に、共感が広がっている。

 この日は、「今日は、胸肉の唐揚げです!朝から揚げ物の修行にもだいぶ慣れてきました」と投稿。「ピーマンの素焼きが不評の為、塩昆布で炒め合わせました。だいたい塩昆布様で炒めると美味しくなります」と“塩昆布最強説”を唱え、「お弁当生活でこんなに塩昆布様に感謝することになるとは!!塩昆布様を作って下さる全ての方に感謝申し上げます!!」と書き込んだ。

 フォロワーからは「めっちゃ美味しそう」「お料理お上手ですね」などのコメントをはじめ、「塩昆布最強ですよね」「塩昆布様は本当に立派な方ですね」「塩昆布様ステキです」「塩昆布万歳」「塩昆布は正義」「めっちゃ美味しそう」「お料理お上手ですね」など弁当作りにおける“塩昆布最強説”に共感の声が寄せられている。

関連リンク

  • 7/2 19:32
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます