純烈・白川が涙ぐむ 再出発の地で初の座長公演に感慨 酒井「恩返し」

拡大画像を見る

 ムード歌謡グループ・純烈が2日、東京・明治座で「明治座7月純烈公演」(18日まで)の初日を迎えた。

 グループにとって初の座長公演。しかも明治座は、2019年にスキャンダルでメンバーが脱退した際に歌手・前川清(72)の50周年記念公演に出演して新体制での再出発となった場所。それだけに、リーダーの酒井一圭(46)は「二度と呼ばれることはないやろなと思っていた、その明治座さんが力を貸してくださった。恩返しというか、何か僕たちにできることがあればという思いで、千秋楽まで頑張らせていただく」と力を込めた。

 ステージでは、白川裕二郎(44)が涙ぐむ場面も。座長となっても4人は2年前と同じ楽屋を使用していることを明かした酒井は「この部屋からみんなに支えてもらってやってきたし、今後もし(公演が)あるとしても、ずっとあの部屋でやらせていただこうと」と誓いを立てた。

関連リンク

  • 7/2 19:20
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます