MUFGカードから「三菱UFJカード」へ タッチ機能搭載・「日の出」をイメージした新デザイン

拡大画像を見る

 三菱UFJニコスは、「MUFGカード」の機能、券面デザインなどを13年ぶりに大きく刷新したクレジットカード「三菱UFJカード」の発行を開始した。

 Visa/Mastercardブランド付帯カードは、非接触IC(国際標準規格TypeA/B)を活用した、タッチ決済機能を搭載。専用端末にカードをかざすだけで、サインや暗証番号を入力することなく、安全・スピーディーに支払いが完了する。
 デザインも大きく刷新し、「日の出(希望・輝かしい未来)」をイメージした円形モチーフ「サンライズサークル」を表面に描き、カード番号や有効期限などをカード裏面に記載した。
 カードの種類は、一般(初年度無料・2年目以降年会費1375円だが、年に1回以上の利用で翌年無料)、ゴールドプレステージ(年会費1万1000円)、プラチナ(年会費2万2000円)の3種類。個人カードを対象に、最大1万1000円相当(プラチナは最大1万6000円相当)の特典をもれなく付与するキャンペーンを実施する。特典のうち、最大6000円分の電子ギフトは「MUFGカードアプリ」へのログインとショッピング利用で対象となる。さらに、カード引き落とし口座に三菱UFJ銀行を指定すると1000Pontaポイントをプレゼントする。

関連リンク

  • 7/2 19:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます