日本でも種牡馬を務めた米仏G1馬アラジが死亡、32歳

 現役時代はフランスとアメリカでG1を制し、引退後は日本でも種牡馬入りしたアラジが、けい養先のオーストラリアで死亡したことがわかった。32歳。同国のサラブレッドブリーダーズビクトリアのホームページで、2日に発表された。

 アラジは父Blushing Groom、母ダンスールファビュルー、母の父Northern Dancerという血統の米国産馬。

 現役時代はフランスのF.ブータン厩舎に所属。2歳時の1991年、モルニ賞、サラマンドル賞、グランクリテリウムと仏G1を3連勝。さらに続くアメリカのダート2歳王者決定戦・BCジュベナイルも制した。

 引退後は種牡馬として各国を転々とし、日本でもけい養された。キャリアを通じての代表産駒は米G1・5勝のコンガリー。日本では英国産馬のドラールアラビアンが南関東で活躍した。

 オーストラリアで種牡馬としてのキャリアを終え、以降は同国で功労馬として余生を過ごしていた。

関連リンク

  • 7/2 18:54
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます