藤井聡太棋聖 ストレート防衛へ「意識せずに集中して」 棋聖戦第3局に向け

拡大画像を見る

 将棋の藤井聡太棋聖(王位との二冠=18)に渡辺明名人(棋王、王将との三冠=37)が挑む第92期棋聖戦五番勝負第3局が3日、静岡県沼津市「沼津御用邸東附属邸第1学問所」で指される。前日の2日、同所で前日検分が行われ、最年少でのタイトル初防衛と最年少九段がかかる藤井棋聖がストレート防衛へ意気込んだ。

 藤井棋聖は30日に第62期王位戦第1局で豊島将之竜王(叡王との二冠=31)に完敗して中2日での対局になるが、「体調もいいですし、今まで通り臨めそうです。防衛のかかった一局ですが、意識せずに盤上に集中して指せれば」としっかりした口調で答えた。

 沼津市へは初来訪だといい、「対局場が明治時代の皇族の別荘として建てられたということで、由緒有るところで対局できるのはとてもうれしく思います」とロイヤル気分での対局を心待ちにした。

 カド番の渡辺名人は「準備という点では十分間隔があいてきたので、明日頑張っていきたい」と逆襲を誓った。

関連リンク

  • 7/2 18:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます