【浦和・2R】ディープ×ペルーG1馬の良血 ライアンがデビュー戦で勝利!/地方競馬レース結果

 2日、浦和競馬場2Rで行われたドリームチャレンジ(ダ800m・6頭立て)は、森泰斗騎乗の1番人気ライアン(牡2、浦和・小久保智厩舎)が好スタートを切ると、最後の直線で2番人気モンバイト(牡2、浦和・藪口一麻厩舎)を突き放し2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは47秒7(不良)。

 ライアンは父ディープインパクト、母ライアンズチャーム、母の父Heatseekerという血統。

 母ライアンズチャームは、ペルーのパンプローナ大賞(G1)を2連覇。通算成績は26戦15勝。

 冠名が「トーセン」などで知られている島川隆哉氏は、海外でも競走馬を所有。今回海外で活躍した所有馬の産駒がデビュー戦で勝利をあげた。

関連リンク

  • 7/2 15:28
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます