ミセスエリザベスマフィンに“夏野菜&フルーツ”が楽しめる3種のマフィンが登場!


アメリカンマフィン専門店の「ミセスエリザベスマフィン ランドマークプラザ店」では、“地産地消”をテーマに、1年を通して旬の神奈川県産食材を使用したマフィンを販売している。

7月は、横浜市丸三組合の“とうもろこし”と、小田原市八木下農園の“レモン”を使ったマフィンが登場!神奈川県産の夏野菜&フルーツを使い、この時期だけ楽しめるマフィン3種を、7月1日(木)より期間限定で発売する。

とうもろこしの甘さ引き立つシンプルなマフィン


生でも食べられるほど皮が柔らかくジューシーで甘みが強い「ゴールドラッシュ」を使用した「とうもろこし」340円(税込)は、収穫時期1カ月間だけの限定商品。

とうもろこし本来の甘さを活かすため、生地はシンプルで甘さ控えめに仕上げている。「ゴールドラッシュ」の大きな粒そのままと、丁寧にすりつぶしたペーストを練り込んだセイボリーマフィンを堪能しよう。

完熟レモンの美味しさを閉じ込めた2種のマフィン


レモンを使ったマフィン2種は、小田原市江之浦の相模湾に面した温暖な気候と八木下農園の匠の技で育てられたレモンを使用。完熟になってから収穫しているため、爽やかな酸味の後に旨みが感じられる果汁が特徴だ。

ジンジャーのほどよい辛味で、よりレモンの風味を引き立たせた「レモン&ジンジャー」240円(税込)と、レモン果汁と果皮、クリームチーズを混ぜ込んでふんわり焼き上げた生地に、なめらかなチーズクリームを詰めた「レモン&チーズクリーム」280円(税込)を取り揃えている。

なお、「とうもろこし」は7月末まで、「レモン&ジンジャー」「レモン&チーズクリーム」は8月下旬までの販売を予定している。

旬の美味しさを楽しめる地産地消マフィンを、この機会に味わってみては。

画像をもっと見る

  • 7/2 16:29
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます