田崎史郎氏「ワクチンの量はしっかり確保している」政府の信頼筋から

拡大画像を見る

 政治評論家の田崎史郎氏が2日、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、自治体へのワクチン配送が遅れていることについて聞かれ、「政府の信頼に足る人に聞いた。『ワクチンの量はしっかり確保している』ということ」などと答えた。

 宮根誠司アナウンサーが「ファイザーのワクチンの配送スケジュールですが、不足しているということで大騒ぎになっている」と現状について述べた。自治体向けの配送スケジュールについて、6月21日の週は1872万回、7月5日からは1170万回に減少していることを番組側がグラフを用いて解説した。

 宮根アナは「配送スケジュールが間に合わないという表現が、われわれにはいまいち理解できないんです。当初の予定通りなのか、それともどこかで根詰まりをして急に配送できなくなったのか、もしくはワクチンが足りなくなったのか」と疑問を述べた。

 田崎氏は「政府の信頼に足る人に聞いた」とし、「ワクチンの量はしっかり確保している」との回答を得たことを明かした。その上で田崎氏は「ただ、地域によってばらつきがあって遅れている自治体にたくさん行っている例がある。それを精査しているそうです」などと解説した。

 宮根アナは「つまり、まだワクチン接種体勢が整っていなくて打てていない所には行っていて、それがそのまま保存されている状況になっている?」と質問を重ねた。田崎氏は「そうらしいです」と応じた。

関連リンク

  • 7/2 16:09
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます