斎藤工×白石麻衣『漂着者』、船越英一郎、リリー・フランキーら個性派共演キャスト発表

拡大画像を見る

 俳優の斎藤工が主演し、女優の白石麻衣が共演するドラマ『漂着者』(テレビ朝日系/7月23日より毎週金曜23時15分)より、船越英一郎、リリー・フランキーら6名の個性派キャストの出演が発表された。

 本作は、稀代のヒットメーカー秋元康が企画・原作を務める、謎が謎を呼ぶ新感覚ドラマ。SNSが情報を席巻するこの時代において、まつり上げられるのも一瞬、叩き落とされるのも一瞬という現代社会の恐怖、そして正体不明の男がまるで“教祖”のように人々を狂信させていくさまを描く。斎藤が不思議な予知能力で、世間を騒がせていく謎の男・ヘミングウェイ役、白石が彼の正体を追う新聞記者・新谷詠美役を演じる。

 船越が演じるのは、海岸に漂着したヘミングウェイが運び込まれる病院の精神科医で、のちに担当医となる国原栄一役。国原は、記憶を失っているヘミングウェイに、何でもいいから思いついたことはすべてメモするようにと伝えるのだが、このことが、ヘミングウェイの予知能力めいた不思議な能力を世間に知らしめるきっかけになる。

 船越は、「これだけ長く役者をやっていると普通はだいたい先々の予想がつくんですが、このドラマはまったく読めない! 物語自体がどこに向かって行くのかもわからない中毒性のあるドラマです」とコメントした。

 リリーが演じるのは、女児失踪事件の現場近くにある寺の住職・深見龍之介役。穏やかで人当たりのいい深見だが、寺の場所が女児失踪事件の起きたショッピングモールから近いため、刑事の柴田と野間が聞き込みにやって来る。

 「(斎藤)工くんが全裸で流れ着くところから始まる物語なので、もはや何が起きても不思議じゃない」と語るリリーは、「想像をはるかに超えてくる、多様性のある展開が待っていると思いますので、頭の中でいろいろな結末を想像しながら楽しんでください」とメッセージを寄せた。

 そのほか、女児失踪事件と連続殺人事件の捜査をする中でヘミングウェイの存在を知り、犯人ではないかと疑うことになる刑事役で生瀬勝久と戸塚純貴、入院中のヘミングウェイの前に現れ身元引受人となるキャラクターで野間口徹、白石の上司で新聞社の社会部キャップ役で橋本じゅんが出演。さらに、漂着したヘミングウェイを発見する女子高生3人組で太田奈緒、隅田杏花、吉田志織が共演する。

 金曜ナイトドラマ『漂着者』は、テレビ朝日系にて7月23日より毎週金曜23時15分放送。

関連リンク

  • 7/2 12:54
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます