スペイン代表DFラポルテ、スイス代表を最大限に警戒「1つのミスで帰国することに」

拡大画像を見る

 スペイン代表DFアイメリク・ラポルテ(マンチェスター・C/イングランド)が、2日に行われるEURO2020準々決勝のスイス代表戦を前にインタビューへと答えた。1日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 スペイン代表はEURO2020グループEを1勝2分で2位通過すると、6月28日に決勝トーナメント1回戦でクロアチア代表と対戦した。一時はスペイン代表が2点をリードしたものの、後半終了間際に追いつかれて延長戦に突入。それでも、FWアルバロ・モラタ(ユヴェントス/イタリア)、FWミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ/スペイン)が立て続けに2ゴールを奪って5-3で勝利し、ベスト8に駒を進めた。

 2日に控えたスイス代表との試合について、ラポルテは「すべての試合が非常に重要で、これまで懸命に戦ってきた。残りはすべてファイナルなんだ。1つのミスで帰国することになるから絶対に失敗できない」と意気込みを語った。続けて「僕たちはとても良いチームで、ここ数試合でそれを示してきた。だからこそ準々決勝に進出できたんだ」とチームのポテンシャルの高さを強調した。

 また、クロアチア代表戦で3失点を喫した点については「最も重要なのは、失点よりも得点を多くすることなんだ。大切なのは勝利であり、それこそが僕たちの目指してきたものだ。ポゼッションし、プレーし、チャンスを作り出すことを意識している」と攻撃的なスタイルを貫くことを口にした。

関連リンク

  • 7/2 13:26
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます