伊藤健太郎「焦りすぎ10月復帰」でかぶる「第2の東出昌大」の悪評

拡大画像を見る

 昨年10月に自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)騒動を起こし、3月に不起訴処分となった伊藤健太郎(24)が、今年10月、舞台に主演することが明らかとなった。伊藤の24歳の誕生日である6月30日午前0時にオフィシャルファンクラブ『GOLONDRINAS』の公式サイトが立ち上げられたが、そこで「速報」として発表されたのだ。

「昨年10月に逮捕されたから、復帰の舞台はちょうど1年後ということになりますね。伊藤は保釈後に3月26日発売の『FRIDAY』(講談社)、復帰について“いまはとても考えることはできません”としつつも、“いつかまた役者として表現できたら”と取材に応じていたので、納得ではありますが……。

 ただ、この伊藤の行動に、不祥事の先輩である東出昌大(33)を思い出す、という人や、“東出よりタチが悪い”という声も上がっていますね」(女性誌記者)

 東出は、杏(35)と結婚し子どももいたが、昨年1月に唐田えりか(23)との「3年ゲス不倫」が発覚。好感度は地に落ち、仕事もなくなった。「女性人気の高かった俳優が一転して急落」という展開は、伊藤と同じと言っていい。

「東出は今年5月27日発売の『女性セブン』(小学館)で“養育費が子ども1人1万円の計3万円”と申し出た、いう報道でふたたびバッシングが過熱していますね。昨年3月17日には、取材陣にも対応したし、8月1日には正式に離婚をしてケジメをつけたことで、ほとぼりもさめつつあったんですが……」(前同)

■東出以上に評判の悪い伊藤の謝罪

 実は東出も、正式な離婚後初の仕事は2020年9月の東京・日生劇場での三島由紀夫没後50周年企画の舞台『MISHIMA2020』だった。離婚してケジメをつけていたことや、釈明会見はお粗末ではあったものの、反省している様子は伝わったのか、意外と「役者としては頑張ってほしい」という応援のコメントもあった。

「しかし、伊藤の場合は“謝罪”の評判が東出以上によくない。もちろん謝罪したいという気持ちは本心だと思いますが、“逃げる意思はなかった”という主張が、謝罪の気持ちより、“弁明したい”“間違っている報道を正したい”という思いが強く感じられてしまうんです」(前同)

 また、5月10日付のWEB版『女性自身』では、謹慎期間中に伊藤を更生させるべく、事務所は人里離れた場所で、髪の毛も剃って本格的な修行に臨ませようとしていたのを、伊藤が「そこまでする必要ないでしょ」と拒否したと報じられている。

■違約金で焦っている?

 こうした経緯もあり、今回の伊藤の舞台についても応援の声がある一方で、《インタビューでもどこか他人事のような受け答えに終始し、テレビで謝罪すればもう許されたものと勘違いしている態度が感じられました》《どうせ反省もそこそこに、まだ人気があると思ってるのかもしれない。》《失敗したひとや過ちをおかしてしまったひとって謙虚さや誠意みたいなのを感じるけど彼からはそういったのをあまり感じない》と、すでに批判的な声も上がってしまっているのだ。

「ファンクラブだけでなく、7月19日からは、東京・MORIO STUDIO南青山で写真展『Sotano de las Golondrinas―ツバメの洞窟』(~25日)を開催することも決まっていますからね。

 今回の主演舞台もそうですが、“小さな仕事を少しずつ”というカドの立たない復帰のセオリーと正反対です。4月28日の『週刊新潮』(新潮社)によると違約金は当初よりは減ったそうですが、それでも数億円規模。それだけに、あせりもあるのかもしれません」(前出の女性誌記者)

 はたして、伊藤の主演舞台は上手くいくのか。不安はまだまだ残るーー。

関連リンク

  • 7/2 12:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます