“YouTuber31人宴会”参加のコムドット、動画投稿再開「反省はしっかりと心の中にしまって」

【モデルプレス=2021/07/02】“地元ノリを全国へ”“放課後の延長”というスローガンを掲げ活動している5人組若手YouTuberグループ・コムドットが1日、YouTubeチャンネルを更新。連日報道されているYouTuber同士の31人の宴会にメンバーのやまととひゅうがが参加していたことを受け自粛していた動画投稿を再開した。

◆コムドット、動画投稿再開

リーダーであるやまととメンバーのひゅうがが先月24日、緊急事態宣言下の都内飲食店にて行われたYouTuber・あやなんの誕生日パーティーに出席したことが報じられたコムドット。これを受け、グループのTwitterでは謝罪文を投稿し、2018年10月のチャンネル始動以来絶えず続いていた毎日投稿を一度休止することを発表。さらに動画でも改めて謝罪を行っていた。

今回投稿した動画の冒頭でも、「沢山の心配と迷惑をかけて本当にすみませんでした」と騒動を改めて謝罪。

リーダーのやまとは「動画を休んでる期間の間に今後コムドットがどうしていくかってことを沢山話し合ってきたんですけど、初めて毎日投稿ってものをやめてYouTubeから初めて1週間離れたので緊張するっていうね」とYouTube更新を自粛中の様子を明かすとともに、1週間ぶりの動画撮影の感想を述べた。

また「今回の件で沢山反省してるんですけど、ずっと反省した顔のままYouTubeやるっていうのは僕達の動画を楽しみに待ってくれてるファンの人に失礼なのかなって結論になったので、反省はしっかりと心の中にしまって楽しい動画を届けていこうということで本日から楽しくやらさせていただくんですけど、その件を謝ったから終わりってことじゃなくて今後の行動で信頼を取り戻せるように頑張ります」と力強く語った。

◆コムドット、ファンに感謝

さらに動画の概要欄では「本件で叱咤激励のDMやリプライを送ってくれた皆さん本当にありがとうございました。謝罪動画でも言ったのですが本当にファンの皆さんの言葉に支えられました。文字にすると軽く感じるかもしれないけど、本当に本当に支えられました」とファンに感謝。

「こんなにコムドットの事を思って言葉をかけてくれるファンの方がいるという事を忘れずに活動していくので今後のコムドットの行動で信頼するかどうか判断してもらえたらなと思っています」と呼びかけた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/2 11:36
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます