そろそろプロポーズしようか…男性が将来のことを考え始める瞬間9パターン

婚期がどんどん遅れているという日本人男性ですが、それでも「そろそろ結婚を視野に入れようかな…」と思う瞬間はあるようです。スゴレンの男性読者から寄せられたご意見をもとに、そのタイミングを逃さぬよう細心の注意を払ってみてはいかがでしょうか。

【1】友達や同僚など周りが結婚しはじめたとき
「やっぱり立て続けに同級生や同僚が結婚すると、俺もそろそろ身を固めようかなって思いますね」(20代男性)というように、横並びをしがちな日本人男性は周りの動向で結婚を意識するようです。「最近、結婚式が多くてさ」とボヤく男性は結婚したいモードに入っていると言えるかもしれません。

【2】仕事に明け暮れてプライベートが充実していないことに虚しさを感じたとき
「深夜に帰宅しても一人だと本当に寂しいですよね」というように、仕事は充実していてもプライベートがスカスカだと悟ったとき男性は結婚を意識する人もいるようです。忙しくて余裕がない男性に、あえて幸せな結婚生活を送っている人の話をしてみてはいかがでしょうか。

【3】家族を養えそうなくらい年収が上がったとき
「やっぱり収入が増えるとそれだけ心にも余裕が生まれます」(30代男性)というように、家族が養えるくらい年収が上がると結婚を視野に入れる男性もいるようです。昇進や昇給などをして羽振りが良くなった男性にそれとなく結婚願望を聞いてみると良いでしょう。

【4】彼女が出産適齢期を超えるなど年を取ったとき
「自分はいいんですけど、さすがに相手が35を超えるとタイムリミットだと思いますよね」(30代男性)というように、彼女が出産適齢期を超えそうになると結婚を視野に入れるようです。「私だっていつまでも若くないんだからね」的なジャブをくり出してみるのはいかがでしょうか。

【5】引っ越しを伴う異動で遠距離恋愛が決定的になったとき
「離ればなれになるならいっそ結婚しようかなと思います」(20代男性)というように、遠距離恋愛になりそうなときに男性は結婚を視野に入れるようです。もっとも、反対に「別れ」を視野に入れる可能性もありますので、一度お互いの気持ちを確認する話し合いをもってはいかがでしょうか。

【6】彼女と1年以上付き合ったとき
「1年くらい付き合えばだいたい結婚したい相手かどうかくらいわかりますよね」(30代男性)というように、彼女と何の問題もなく1年以上交際が続くと男性は結婚を視野に入れるようです。逆に言えば1年も続けば結婚についての見解を話し合っても良いかもしれません。

【7】男性の結婚適齢期を過ぎたとき
「さすがに40歳を過ぎると、子どもが生まれても成人する時には還暦ですから焦ります」(40代男性)というように結婚適齢期を過ぎた男性は急に結婚を意識しはじめるようです。40歳前後の独身男性はある意味で結婚する気満々の人が多いといえるかもしれません。

【8】友達や兄弟の子どもと触れ合うなど子どもっていいなあと思ったとき
「子どもの頃はわからなかったんですが、やっぱり甥や姪になつかれると自分も欲しいなって思います」(20代男性)というように知人や親族に小さい子どもができると男性は結婚を意識するようです。最近赤ちゃんを産んだばかりの友達と会ってみるなど、子どもとの接点を増やしてみてはいかがでしょうか。

【9】年老いた親に「死ぬまでに孫の顔が見たい」と言われたとき
「さすがにヨボヨボの両親に言われると、見せてやりたいなあって思います」(30代男性)といように、老い先短い両親や祖父・祖母からお願いされると男性は結婚を意識するようです。最近実家に帰省された男性に「親になんか言われなかった?」と聞いてみるのもありでしょう。

「男性が『そろそろ結婚を視野に入れようかな…』と考える瞬間」には、他にどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/2 11:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます