ずるっといきたいですよね!【饂飩】この「食べ物の漢字」な〜んだ?

夏は温かくて冬は冷たく……季節問わず、ズルズルッと食べられる「饂飩」。
食べ物を表すこの難しい漢字、あなたはわかりますか?

平仮名3文字で書くことが多いから、漢字があったことに驚くかもしれませんね。

(1)「饂飩」の意味から解説


読み方がわかると「饂飩は饂飩だよ!」と思ってしまいそうなほどなじみのある漢字です。
冒頭の説明で「饂飩」の読み方が分かった人もいることでしょう。

まずは意味から解説していきますね。
「饂飩」とは小麦粉に塩と水を入れてこね、厚みを薄くして細くカットした麺です。

温かい麺は茹でて汁に浸して食べ、冷たい麵は茹でて冷やしてツユに浸けて食べると美味!
(『広辞苑』より)

(2)「饂飩」の読み方


「饂飩」の意味から読み方が分かった人は多数いるのではないでしょうか。
もったいぶらずに正解を言いますね……「饂飩」は「うどん」と読むんです。

やっぱり合っていた!というあなた、おめでとうございます。
そう、「うどん」は実はこんなにも難しい漢字2文字で構成されているのです。

漢字表記の「饂飩屋」を見つけて「あこのうどん屋入ってみない?」って言えたら少しカッコイイ。
「え?うどん屋なんてある?」って友達はキョロキョロするかもしれません。

「あれ饂飩って読むんだ!」なんて尊敬のまなざしで見つめられることでしょう。
(『広辞苑』より)

(3)「饂飩」を使用した熟語


「饂飩」は他にどんな使われ方をしているのでしょうか。
「饂飩食(うどんくい)」という3字熟語があります。

「饂飩食」は仕事が下手な人を罵る言葉として使われますね。
さらに「饂飩粉病」という4字熟語があります。

農業している人にはなじみがある言葉なのではないでしょうか。
葡萄・麦・桑などの茎・葉・果実などが麺粉をちらしたように白くなる病害のことです。
(『広辞苑』より)


「饂飩」という漢字が存在したことにも驚きですが、饂飩を使った熟語がこんなにも!
仲間と饂飩を食べながら、饂飩ネタで盛り上がっちゃいましょう。

「すごい!詳しいね♡」って女性からも尊敬されますよ。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/2 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます