「安住になれなかった」TBS“推し”から転落の国山ハセンアナ、さんまとマツコから痛烈ダメ出し

拡大画像を見る

 6月27日放送の『週刊さんまとマツコ』(TBS系)で、明石家さんま(66)とマツコ・デラックス(48)がTBSの国山ハセンアナウンサー(30)をこきおろす場面があった。今年で入社9年目だという国山アナは、みのもんた(76)のやっていた報道番組『朝ズバッ!』で2013年10月から2014年の番組終了までレギュラー出演。2014年から2017年まで『王様のブランチ』で進行を務めていた。

 また2019年からは朝の情報番組『グッとラック!』で落語家の立川志らく(57)とともにメインMCを務めたが、2021年に番組は終了。国山アナは、『グッとラック!』開始時、それまでレギュラー出演していた『アッコにおまかせ!』と『SUPER SOCCER』を降板。現在は、地上波のレギュラーが「ゼロ」の状態だといい、さんまとマツコに将来の不安を相談した。

 さんまは「タレントさんやったらエラいことやな」「アナウンサーでこんだけ悩んでんねからやね。給料もらえんのに」としみじみ。マツコは「本当に見なくなっちゃった」「一時すごい、なんかTBS推してたよね。この人」と言うと、国山アナも「勝手に自分でも“あ、推してくれてるのかな”みたいな意識はちょっとあったんですけど」と答えたが、マツコは「うん。だから明確に推しじゃなくなったことがハッキリわかった」とバッサリ。

 国山アナは「本当ですか」とぼう然としたが、さんまも「ハッキリしてるやないかい」「こんなにわかりやすい諦めないぞ、TBSも」とうなずき、「知らんがな、俺たちに言われたって」と突き放した。

 国山アナは自身の力不足を認めながら、2人に立ち直るための方法を質問。マツコは「『アッコにおまかせ!』やって、『グッとラック!』やってきたのが、何でやれてたのかっていうのを冷静に考えたことある?」と確認、国山アナは「ないです」と即答し、「運も良かったり」「恵まれていた」と自信なさげ。

 するとマツコは「しょうがないよね。絶対だって、若いイケメンとしてさ、重宝がられてたと思うのよ」「でももう若くもないし、イケメンでもなくなっちゃったわけじゃん?」と断言し、さんまも「おまえイケメンちゃうぞ!」「今な仕事なくなったショックか知らんけど、人間って顔に出るから。おまえもう、ちょっとぼーっとしてんねん」指摘。かみ締めるように「若くてイケメンでってそういう枠で」と自分で言う国山アナに、マツコは「だからダメになったんだよ」、さんまも「だいぶアホやでこいつ」とあきれていた。

■「弊社は安住さんです」

 同局では、今秋から安住紳一郎アナウンサー(47)メインの新しい朝の情報番組『THE TIME,』が始まることにさんまが触れると、国山アナは「朝は安住さんです」「弊社は安住さんです」と同局での安住アナの推されぶりを強調。

 今後やりたい番組について「情報番組のMCがやりたい」「今度安住さんがやる枠」と意気込んだが、マツコは「朝はさ、やっぱりこれから出勤とか学校行こうって思ってる人が見るわけじゃん?」「安住くんがいるわけじゃない、もう。この辺の年格好の男のアナウンサーはもういいよね」と再びバッサリ。さんまも「じゃあ、いらんわ。安住がいるから」と言い放ち、最後には「退社や!」と言って国山アナをしょんぼりさせた。

 TBSでは安住アナが長年エースとして君臨、現在47歳になる安住アナはアナウンス力の高さだけでなく、これまで長年『ぴったんこカンカン』の司会も務め、お茶の間での人気は絶大。一方の国山アナは、複数女性との交際を報じられた小林廣輝アナウンサー(27)のピンチヒッターとして6月27日放送の『アッコにおまかせ!』に一時復帰したものの、今後は未定。『グッとラック!』のスタート時には、「私自身も成長していけたら」「皆さんの毎日の朝の一部になれるよう、精一杯頑張ります」と意気込みを語っていた国山アナ、若さとイケメンぶりを失った今、新しい魅力を身につけ、安住アナの背中を追いかけることはできるのだろうか。

関連リンク

  • 7/2 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます