ソシエダ、注目株イサクと契約延長…新契約は2026年6月末まで

拡大画像を見る

 レアル・ソシエダは1日、スウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクとの契約を延長したと発表した。なお、新契約は2026年6月末までとなる。

 今夏のEURO2020のメンバーにも選出されたイサクは現在21歳。昨シーズンリーグ戦で34試合に出場し、17ゴールをマークする活躍を見せた。

イサクを巡ってはチェルシーやアーセナル、リヴァプールといったプレミアリーグのクラブやレアル・マドリードなど国内外の多くのクラブが熱視線を注いでいたが、契約延長を発表しけん制した形となった。

 同選手は契約延長に際しクラブ公式サイトを通じ「ラ・レアルで続けることができて本当に幸せだ。ソシエダは本当に偉大なクラブだし、ここでは愛を感じている。このチームでこれからも楽しむことができたらいいね」とコメントしている。

関連リンク

  • 7/2 8:52
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます