離婚した売れっ子女優、元夫に約5億円も支払うことにした理由

拡大画像を見る

 昨年、およそ13年間連れ添った夫と極秘離婚し、世間を驚かせたジョーダナ・ブリュースター(41)。絶賛公開中(日本では来月公開)の人気カーアクションシリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』にも出演し、仕事は順調そのものだが、私生活では元夫との間に問題を抱えていたようだ。またジョーダナは、なんと約5億円を元夫に支払うことに合意したという。

◆元夫に大金を支払うことになった理由とは?

 2007年に映画プロデューサーのアンドリュー・フォームと結婚し、2人の息子にも恵まれたジョーダナ。しかし、2人は昨年はじめに密かに破局し、13年間の結婚生活に終止符を打った。

 現地メディアは、離婚協議を進めてきた2人が、資産分与や親権について合意に達し、その内容の一部が明らかになったと報じている。

 では一体なぜ、ジョーダナが5億円もの大金を元夫に支払うことになったのか?

 芸能情報サイト『ザ・ブラスト』によると、ジョーダナがロサンゼルスにある自宅(婚姻中に夫婦で住んでいた家)を維持する代わりに、アンドリューへ500万ドル(約5億円)を支払うことで合意に達したそうだ。また、配偶者扶養費はお互いに受け取らず、子供たちは共同で養育することでも合意したという。

 自宅に住み続ける交換条件として、約5億円を相手に支払う……やはり、セレブの離婚はケタ違いであることがよくわかる。

◆離婚は、私のせいでも元夫のせいでもない

 破局を公表する数か月前まで、SNSなどでアンドリューと仲睦まじい様子を見せていたジョーダナ。そのため、突然の離婚発表は世間を驚かせたが、実は前々から元夫との間に少しずつ距離ができていたようだ。女性向けファッション誌『グラマー』に寄稿したエッセイでは、結婚生活が破綻した理由について、次のように綴っている。

「結婚がうまくいかなかった理由のほとんどは、元夫のせいではないわ。彼は仕事が大好き。ロケ地で撮影することが本当に好きなの」

「27歳から32歳の頃まではそう理解できていたけれど、子供たちが大きくなるにつれて、私にとってそれが問題になってきた。(そばにいてくれる)パートナーが欲しかったの」

「(新型コロナウィルスの)パンデミックが始まった頃、アンドリューと私は別れることにした。長い間、1年間の大半を離れて過ごし、気持ちも離れていった。そうしたことが積み重なり、うまくいかなくなってしまったから」

結局、私の離婚は、私のせいでも元夫のせいでもなかった。27歳で結婚した私は、心をオープンにして、自分の脆さをさらけ出す準備ができていなかった

「私はこれまで、誰かを受け入れられるような状態ではなかった。でも、40歳になって、心の殻を打ち破り、全てをさらけ出せるようになった」

◆夫と別れた数日後、飛行機に乗って“意中の彼”のもとへ

 ジョーダナは現在、“物言う株主”で知られる「バリューアクト・キャピタル・マネジメント」の最高経営責任者(CEO )、メイソン・モーフィット氏と交際している。

 同氏との出会いは4年前。当時はまだアンドリューと結婚していたため、そのときは特に何も起きなかったそうだ。ただ、その直後から同氏のSNSをフォローするようになったジョーダナは、次第に彼の人柄に惹かれていったという。また同氏もジョーダナのSNSをフォローするようになり、ネット上でやり取りを続けていたそうだ。

 そしてアンドリューと別れた数日後、ジョーダナは早速、飛行機に乗ってサンフランシスコにいる同氏のもとへ。実際に出会ってすぐ、2人は恋に落ち、交際を開始。ジョーダナは最近、二人の結婚式を心の中で計画せずにはいられないと打ち明けている。

 新たな恋にムーブオンするのがずいぶん早いような気もするが、元夫のアンドリューも先月、美人女優アレクサンドラ・ダダリオとの熱いデート現場が目撃されている。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 7/2 8:44
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます