Snow Manラウール「クロちゃんみたい」宮舘涼太もドン引きの裏声で「アニメNG」

拡大画像を見る

 6月27日放送の『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)で、SnowManの9人が、人気声優の下野紘(41)を相手に即興アフレコ対決を挑んだ。

 今回は、Snow Manの9人が力を合わせ、その道の神々に挑む企画“神喰いSnow Man”を放送。「声優界の神」として登場したのは、アニメ『鬼滅の刃』の我妻善逸や『進撃の巨人』のコニー・スプリンガーなどの声を担当している下野だった。

 対決内容は、配役が9人以上あるアニメ3作品から、それぞれが1作品を選び、下野は1人9役、Snow Manは1人1役でアフレコに挑戦。これまで、声優の梶裕貴(35)と花澤香菜(32)に2連敗中で、メンバーは「そろそろ勝っとかないと、ただの“負ける企画”になる」と気合十分だった。

 下野が選んだ作品は9役中4役が女性のため、初挑戦の女性キャラの演じ分けに苦戦。何度も声を入れ直していた。一方、Snow Manは、過去2回はアニメ好きで声優の経験がある佐久間大介(28)が主人公を担当していたが、作戦変更で配役を一新することに。

 佐久間はメンバーの特徴に合わせて配役を決めていったのだが、こちらの作品も9役中3役が女性で、少女キャラの配役決めで悩んでいた。そこで、ラウール(18)が「客観的に見て俺かな」と、自信満々で自ら手を上げた。

■まずはメンバーがダメ出し

 ラウールはこの企画で女性キャラを担当したことがあるため、自信を持っているという。その経験を生かしてセリフを読んでみたのだが、少女を演じる裏声に深澤辰哉(29)が「これ、たぶんラウールじゃない」とダメ出し。

 さらに、目黒蓮(24)が「こいつクビで」と切り捨てようとすると、ラウールは「はぁ!? バラエティやれよ!」と逆ギレ。そこで、佐久間が「お前もヤル気はあるのね」とフォローして、「こいつに賭けてみよう」とラウールをかわいい女の子の役に決めた。

 しかし、アフレコ本番でメンバーが熱演するなか、ラウールは自分の裏声の演技に何度も笑ってしまい、佐久間が「笑うのが一番良くないから」と注意。宮舘涼太(28)が「なんかクロちゃんみたいやったよ」と指摘した。

 そして、仕上がったアニメを鑑賞すると、下野は女性キャラを子どもから大人まで見事に演じ分け、Snow Manもコメディタッチの役柄をそれぞれ好演。メンバーは「思ったより良かったな」と喜び、下野は「これ僕負けましたね」と弱気になっていた。

 2作品を判定するのは、誰がアフレコしたのか知らされていない一般女性50名で、演技や声を基準に審査することに。結果は42対8で下野の圧勝となり、審査員の「主人公の声(宮舘)は良かったが、最後の声(ラウール)で興ざめした」という感想が紹介された。

■一方のファンの反応は?

 すると、メンバーは「またおまえか!」とラウールに総ツッコミ。ラウールは「めちゃくちゃ失礼な視聴者。やばい、やばい」とぼう然としてたが、佐久間は「失礼じゃなくて、素直な意見」だとツッコみ、スタジオの笑いを誘っていた。

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「いじられキャラ発動ラウールくん。相変わらずかわいくて面白かった」「おふざけなしも見たいけど、バラエティしててクソおもろいからそれはそれで良い」など、アフレコではなくバラエティとしてがんばったラウールを楽しんでいた。

 今回も配役などで仕切っていたように、アニメや声優に関した企画の場合、佐久間に任せておけば間違いない。一方、ラウールは……バラエティに挑戦しつつ、ジャニーズトップの高身長と抜群のスタイルを活かした、ダイナミックなパフォーマンスで頑張ったほうがいいだろう。

関連リンク

  • 7/2 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます