ヒロインの相手候補は佐藤健に横浜流星…キュン必至!【実写化してほしい恋愛漫画】ベスト10

拡大画像を見る

 井上真央と松本潤が共演したドラマ『花より男子』、新垣結衣と星野源が共演した『逃げるは恥だが役に立つ』(ともにTBS系)など、恋愛漫画が原作のヒットドラマは多い。今期は、二階堂ふみ主演、眞栄田郷敦、岩田剛典の『プロミス・シンデレラ』(TBS系)、中村ゆりか、A.B.C-Zの橋本良亮『痴情の接吻』(テレビ朝日系)などが漫画原作の恋愛ドラマだ。そこで今回10~30代の女性100人に「今後ドラマ化してほしい恋愛漫画」を聞いてみた。

 第2位には、『NANA』『ご近所物語』『フルーツバスケット』『花より男子』が同率ランクイン。

『NANA』と『ご近所物語』は、矢沢あい氏による漫画。『NANA』は新幹線で偶然出会った同い年のナナと奈々の物語。ひょんなことから同居することになった2人のそれぞれの恋愛や青春が描かれる。2005年には中島美嘉、宮崎あおいで映画化され、ナナのバンドメンバーを松田龍平、松山ケンイチ、成宮寛貴らが演じた。また2006年には、映画『NANA2』が公開されたが、奈々役は市川由衣が演じるなどキャストの変更があった。この漫画を選んだ人からは、ヒロインの相手役を演じてほしい俳優として吉沢亮、横浜流星、白石隼也らの名前が挙がった。

 一方の『ご近所物語』は、服飾デザイン科に通いデザイナーを目指す女子高生の幸田実果子が、同じマンションに住むおさななじみや友人たちとの人間関係や恋模様を描いたストーリー。1995年にはテレビ朝日系でアニメとしての放送もあった。この漫画のドラマ化で、ヒロインの相手役を演じてほしい俳優には、坂口健太郎、松坂桃李、美少年の浮所飛貴など名前が挙がっていた。

 そして『フルーツバスケット』は、高屋奈月氏による漫画。たった一人の母親を亡くし、山でテント暮らしをしていた女子高生の本田透が、テントを張っていた土地の所有者一族の草摩由希と出会う。草摩一族は代々呪われており、十二支の物の怪憑きで、異性に抱きつかれると憑かれた獣に変身してしまうという体質だった。物語には、透と草摩家の人たちとの交流や、恋、絆などが描かれている。この漫画を選んだ人からは、ヒロインの相手役を演じてほしい俳優として、佐藤健、横浜流星、本郷奏多の名前が挙がった。

■トップも矢沢あい作品!

 最後に2005年に井上真央と松本潤らで実写ドラマ化され、大ヒットした『花より男子』は、神尾葉子氏の同名漫画が原作。貧乏な少女つくしがお金持ちの子どもたちが通う学園に入学、道明寺司ら学園を牛耳る“花の四人組(F4)”に目をつけられ、いじめに遭う。しかし、持ち前の根性で理不尽に立ち向かうつくしに、徐々に道明寺がひかれ、恋愛に発展していくというストーリー。王道シンデレラストーリーは何年経っても人気で、この漫画を選んだ人からは、ヒロインの相手候補に新田真剣佑、吉沢亮、King&Princeの永瀬廉の名前が挙がった。

 そして第1位は、『天使なんかじゃない』。

 第2位の『NANA』『ご近所物語』と同じ矢沢あい氏作品がトップに輝いた。『天使なんかじゃない』のヒロイン冴島翠は、創立されたばかりの私立聖学園の第一期生。翠をはじめ、リーゼントヘアの須藤晃、麻宮裕子、瀧川秀一、河野文太ら生徒会役員に選出された5人の友情、恋、青春を描いたストーリー。『天使なんかじゃない』を選んだ人からヒロインの相手役に名前が挙がったのは、漫画原作の常連である山崎賢人、竹内涼真、宮沢氷魚、桐谷健太の4人だった。

 以上が、女子が実写化してほしい恋愛漫画トップ5。次ページでは6位以下もご紹介!

関連リンク

  • 7/2 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます