仲里依紗が出演するおすすめ映画10選!純情派からセクシー系までハマる多彩な出演作に注目!

拡大画像を見る

仲里依紗のおすすめ出演作を10作品ご紹介!デビューのきっかけや夫である中尾明慶との馴れ初め、さらにはチャンネル登録者数が100万人を突破したYouTubeチャンネルについても解説しています。アニメ版・実写版の『時をかける少女』で演じた純情派からギャルの役まで難なくこなす仲里依紗の魅力に迫りました!

仲里依紗のプロフィール

1989年10月18日生まれ(2021年6月時点で31歳)の仲里依紗は長崎市出身。地元でアメカジのセレクトショップを営む両親を持ち、三姉妹の長女です。芸能界入りのきっかけは少女漫画雑誌「ちゃお」で連載されていた人気作「シンデレラコレクション」の主人公に似ている女の子を探す企画。写真を送ると特別賞を受賞し、ここから仲里依紗の芸能活動がスタートします。

仲里依紗の代表作『時をかける少女』ではアニメ・実写で出演!

2006年にはアニメ版『時をかける少女』では主人公・紺野真琴の声を仲里依紗が担当。同作品が大ヒットし、その後実写化された『時をかける少女』でも、主人公・芳山あかりを仲里依紗が演じて話題を呼びました。純情派ヒロインを演じる一方で、『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』では過激でセクシーな役を演じています。さらに近年では『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』で婦人警官、『パパはわるものチャンピオン』でプロレスファンの編集者など、様々なキャラクターを熱演し、どの役も見事にハマっています。

仲里依紗の趣味嗜好が演技に繋がっている?

仲里依紗は大の洋楽好きで知られると同時に、幼少期は「コギャル」に憧れていたと語っています。また浜崎あゆみの大ファンであることも公言しており、アルバムのライナーノーツを担当したことがあるほど!私服のセンスや普段のキャラクターからファンも多く、こうした彼女自身の持つ雰囲気や趣味嗜好によって役にカチッとハマる女優となっています!

仲里依紗の夫・中尾明慶との馴れ初めは?

仲里依紗の夫であり俳優でもある中尾明慶。出会いのきっかけは仲里依紗の代表作でもある映画『時をかける少女』で相手役を務めたのをはじめ、その後はドラマ「つるかめ助産院」で共演したのちに交際をスタート。2013年3月に結婚を発表すると、同年10月には第一子が誕生しました。バラエティ番組でも夫婦仲にまつわる面白いエピソードを紹介しており、仲里依紗が1枚上手なイメージがありますが、芸能界きってのおしどり夫婦としても知られています。最近ではリモートにより撮影されたドラマ「Living」で夫婦役として出演して注目を集めました。

YouTubeチャンネル「仲里依紗です。」の勢いがスゴい!

仲里依紗のYouTubeチャンネル「仲里依紗です。」は、2021年の6月でチャンネル登録者数が130万人を超えている人気チャンネルです。登録者数が10万人を突破したチャンネルに送られる「銀の盾」、さらに100万人突破で送られる「金の盾」を動画でお披露目しています。(しかもスワロフスキーでデコっている!)動画内では仲里依紗が見せる独特な挨拶や個性的な私服も見られ、ファンの間でも話題となっています。最近では9歳年下の実妹・れいちゃんが出演。お互いの顔にメイクをする企画で、仲里依紗は大ファンと公言する浜崎あゆみ、れいちゃんはヘイリー・ビーバー(ジャスティン・ビーバーの嫁)のメイクをしてもらい注目を集めました。

仲里依紗が出演するおすすめ映画No.1『時をかける少女』(06)

高校2年生の紺野真琴(声:仲里依紗)は、故障した自転車で遭遇した踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。叔母の芳山和子(原沙知絵)にその能力のことを相談すると、それは『タイムリープ』といい、年頃の女の子にはよくあることだという。半信半疑の真琴だが、その力の使い方を覚えると、それを日常の些細な不満や欲望の解消に費やす。世界は私のもの! バラ色の日々と思われたが、クラスメートの男子生徒、間宮千昭(石田卓也)や津田功介(板倉光隆)との関係に変化が。千昭から思わぬ告白を受けた真琴は狼狽のあまり、その告白をタイムリープで、強引に無かったことにしてしまう。

出典元:https://eiga-board.com/movies/37593

時をかける少女(2006)

時をかける少女(2006)

2006年/日本/100分

作品情報 / レビューはこちら

2010年に公開された実写版『時をかける少女』に仲里依紗が出演するきっかけとなったアニメ映画。こちらでも仲里依紗は主人公を演じていますが、実写版とは別の人物です。アニメ版では高校2年生の紺野真琴の声を担当しており、原作の主人公・芳山和子の姪という位置づけです。(実写版で仲里依紗が演じるのは芳山和子の娘)実写版では薬を使ってタイムリープをするのに対し、アニメではクルミのような装置を使っています。また実写版では母親のためにタイムリープをする主人公ですが、アニメは自分のためにタイムリープをしまくるなど、いろいろ比較してみても面白いおすすめ映画でもあります。

仲里依紗が出演するおすすめ映画No.2『純喫茶磯辺』(08)

(C)2008「純喫茶磯辺」製作委員会

水道工員の磯辺裕次郎(宮迫博之)は、8年前に妻・麦子(濱田マリ)が家を出て以来、高校生の一人娘・咲子(仲里依紗)と公営団地でふたり暮らし。ある日、父が急死したことで、多額の遺産が舞い込んできた裕次郎は、それを元手に喫茶店を始めることを決意する。ところが裕次郎は、喫茶店の経営どころか、接客も料理も全くの素人だった。計画性のないまま、地元の商店街に喫茶店をオープン。しかも、娘の意見には耳も傾けず、勝手に店名を“純喫茶磯辺”としてしまう。そんな父の行動に呆れる咲子だったが、夏休みのあいだ、店の手伝いをすることになる。

出典元:https://eiga-board.com/movies/39093

純喫茶磯辺

純喫茶磯辺

2008年/日本/113分

作品情報 / レビューはこちら

仲里依紗が宮迫博之と親子役で共演して注目を集めたヒューマンドラマ。自分の父親の遺産を使ってセンスのない純喫茶を開く男を宮迫博之、その娘・磯辺咲子を仲里依紗が演じております。16歳の高校生で、勝手気ままな父親に振り回される咲子のようすはどこか可笑しくもあるおすすめ映画です。楽観的で頼りない父親相手に、悪態をついたり呆れたりするなど、どこか大人びた様子も見せています。本作の演技が評価され、仲里依紗は第30回『ヨコハマ映画祭』最優秀新人賞などを受賞しました。

仲里依紗が出演するおすすめ映画No.3『時をかける少女』(10)

2010年。高校3年生の芳山あかり(仲里依紗)は、母・和子(安田成美)が薬学者として研究を続けている大学に合格する。そんなある日、和子が交通事故に遭い、意識不明の昏睡状態に陥ってしまう。あかりが病院を訪れると、和子は一瞬意識を取り戻すが、1972年に戻って和子の初恋の人・深町一夫(石丸幹二)との約束を果たすのだと繰り返すばかりであった。そんな母の言葉にあかりは為すすべがなかったが、ある時ひょんなことから、タイム・リープの能力を身につける。母の想いを継ぐために、あかりは1972年へとタイム・リープを試みるが、何を間違えたか1974年に来てしまう。そこで出会った映画監督志望の大学生・溝呂木涼太(中尾明慶)に協力してもらいながら、あかりは深町一夫を探すことに……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/40674

時をかける少女(2010)

時をかける少女(2010)

2010年/日本/122分

作品情報 / レビューはこちら

2006年のアニメに続き、作家・筒井康隆の人気SF小説「時をかける少女」を仲里依紗主演で実写化。仲里依紗はアニメ版『時をかける少女』 でも主人公の声を担当していますが実写版で演じるのは別の人物です。主人公・芳山あかりが、事故に遭った母親に代わって母の初恋相手に会うため、2010年から70年代まで「タイムリープ」するストーリーとなっています。ヒロインを演じた仲里依紗の代表作でありますが、アニメ版とはストーリーや演出が異なる点も見比べると面白いです。夫・中尾明慶も出演しており、未来から来たあかりを手助けする重要な役で出演しています。

仲里依紗が出演するおすすめ映画No.4『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』(10)

西暦2025年。ゼブラタイムが導入され、ゼブラクイーンの扇情的な歌声が鳴り響くゼブラシティ。すっかり様変わりした東京の路上で、市川新市(哀川翔)はいきなり目覚める。時間はAM5:00、強烈なサイレンとともに“ゼブラタイム”が始まった。ゼブラ灯が点滅、街は白と黒の世界に変わり、新市はいきなり警官(ゼブラポリス)に発砲され、街中を逃げ惑うが、何が起きているのか理解できぬまま、胸を撃たれ意識を失ってしまう。5分後。ゼブラタイム終了とともに朝日が昇り、いつもの日常が動き始める。白装束の男が現れ、新市を連れ去っていく。そこは、ゼブラシティの外にあるコミューン“白馬の家”。ゼブラシティの犠牲者たちを匿い、自給自足の生活をしている彼らのリーダー・浅野(井上正大)は、新市を見て愕然とする。新市は、15年前に行方不明になった小学校教師で、かつてエイリアンと戦い地球を救ったゼブラーマンだったのだ。

出典元:https://eiga-board.com/movies/40838

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

2010年/日本/106分

作品情報 / レビューはこちら

三池崇史が監督を務め、宮藤官九郎が脚本を手掛けた『ゼブラーマン』の続編。前作から15年後の東京を舞台に、記憶を失ったゼブラーマンこと市川新市が、再び平和のために立ち上がります。仲里依紗は自身の俳優活動の中でも最凶のヒール役・ゼブラクイーンこと相原ユイを熱演。セクシーな衣装に身を包み、ロック歌手としても活動するなどダークかつパワフルな演技が見どころのおすすめ映画となりました。ロック歌手の演技に合わせて、主題歌でCDデビューも果たすなど、仲里依紗の新たな魅力がたくさん開花している映画でもあります。

仲里依紗が出演するおすすめ映画No.5『モテキ』(11)

31歳の藤本幸世(森山未來)は、金なし夢なし彼女なし。派遣会社を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を踏み出そうとしているが、結局のところ新しい出会いもないまま。だがある日突然、“モテキ”が訪れた。キュートな雑誌編集者・みゆき(長澤まさみ)、清楚で素朴な年上OLるみ子(麻生久美子)、ガールズバーの美人店員・愛(仲里依紗)、美貌のSキャラ先輩社員・素子(真木よう子)というまったくタイプの異なる4人の美女の間で揺れ動く幸世。「こんなの初めてだ……今まで出会った女の子と全然違う。冷静になれっ、期待しちゃダメだぁ……」モテキの波を越えて、幸世は本当の恋愛にたどりつくことができるのか……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/42205

モテキ

モテキ

2011年/日本/118分

作品情報 / レビューはこちら

久保ミツロウによる大ヒットコミックを2010年にドラマ化し、その人気から原作者によるオリジナルストーリーで映画化した本作。ドラマ版から1年が経ち、主人公・藤本幸世(森山未來)に到来した「第2のモテキ」を描きます。大根仁監督が出演者をイメージしながらあて書きをしており、仲里依紗が演じるのはガールズバーで働く謎の多い女性・愛。アゲ嬢メイクなど派手な印象に対してギャップも秘めている、個性的な役を演じています。監督は、仲里依紗が幼少期のころコギャル憧れていたのを知ってキャスティングしたのかも?スチャダラパー、N'夙川BOYS、Perfumeといったアーティストが本人役で登場する点も見どころのおすすめ映画です!

仲里依紗が出演するおすすめ映画No.6『ハラがコレなんで』(11)

原光子(仲里依紗)は妊娠9カ月で、子供の父親のアメリカ人と別れ、所持金もなく、行く当てもないままアパートを引き払う。しかし、義理人情を大事にし、粋に生きることを最も重んじる光子は、昼寝すれば大丈夫と楽観的に考えている。光子は、子供のころ夜逃げして両親と暮らした時代遅れの長屋にたどり着く。毒舌だった大家のおばちゃん・清(稲川実代子)は寝たきりで、戦死した夫のもとに行きたがっている。光子は、清の世話をしながら長屋で出産する決意をする。

出典元:https://eiga-board.com/movies/42371

ハラがコレなんで

ハラがコレなんで

2011年/日本/109分

作品情報 / レビューはこちら

『川の底からこんにちは』『茜色に焼かれる』など、魅力的な人間ドラマを描き続ける石井裕也の作品に、仲里依紗が主演を務めました。妊娠9ヶ月で恋人と別れ、所持金もないのに身近な人を手助けする懐の広い主人公・原光子を好演。壁にぶつかったら自分にも他人にも昼寝を勧めるなど、コメディ要素も面白いおすすめヒューマンドラマです。義理人情に厚い主人公は、石井監督×尾野真千子主演映画『茜色に焼かれる』にも共通しています。

仲里依紗が出演するおすすめ映画No.7『BRAVE HEARTS 海猿』(12)

世界最大級の天然ガスプラント“レガリア”爆発事故から2年。仙崎大輔(伊藤英明)は自ら志願し、海難救助のエキスパートであり最も危険な事案に従事する“特殊救難隊”で、後輩の吉岡(佐藤隆太)と共に海難救助の最前線にいた。嶋副隊長(伊原剛志)の指導の下、日々苛烈な任務をこなしながらも、充実した日々が過ぎてゆく。大輔の妻・環菜(加藤あい)は2人目の子どもを身籠り、吉岡にはキャビンアテンダントの美香(仲里依紗)という恋人が出来ていた。そんなある日、羽田空港に向けて飛行中のジャンボ旅客機のエンジンが炎上する事故が発生。飛行困難な状況に陥った旅客機の救助方法が検討される中で、総合対策室の下川救難課長(時任三郎)は、夕闇が迫り視界が悪くなる状況にもかかわらず、前代未聞の東京湾への着水を提案する。

出典元:https://eiga-board.com/movies/54318

BRAVE HEARTS 海猿

BRAVE HEARTS 海猿

2012年/日本/116分

作品情報 / レビューはこちら

小学館「週刊ヤングサンデー」に連載され、TVドラマをはじめ大ヒットシリーズとなった「海猿-UMIZARU-」の劇場版。いくつもの劇場作品が公開されましたが、本作が劇場シリーズとして最後に制作された作品となっています。原作の最終話で描かれた登場人物を中心に、海上に着水したジャンボジェット機から乗客たちを救出するストーリーです。仲里依紗は佐藤隆太が演じる吉岡の恋人であり、海上に着水してしまったジェット機に搭乗するキャビンアテンダント・矢部美香を熱演。過酷な状況に追い込まれるキャラクターを体当たりで演じているおすすめ映画です。

仲里依紗が出演するおすすめ映画No.8『土竜の唄』シリーズ (14、16)

谷袋警察署交番勤務の巡査・菊川玲二(生田斗真)は、人一倍正義感が強いものの、警察学校を史上最低の点数で卒業、巡査になってからも始末書ばかり書かされる日々を送っていた。そんなある日、玲二は署長の酒見(吹越満)に呼び出され、突然クビを言い渡される。驚く玲二だったが、実は表向きは懲戒免職という形をとりながら犯罪組織に潜入してターゲットを挙げる潜入捜査官、通称“モグラ”となり、合成麻薬MDMAの密売ルートを暴けという命令だった。

出典元:https://eiga-board.com/movies/72598

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI

2014年/日本/130分

作品情報 / レビューはこちら

漫画家・高橋のぼるの人気コミック「土竜の唄」を『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』でも仲里依紗とタッグを組んだ監督・三池崇史と脚本・宮藤官九郎により『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』として実写化。生田斗真が主人公を熱演したアクションコメディとなっており、続編『土竜の唄 香港狂騒曲』はタイトル通り、香港を舞台にするなどスケールアップ!仲里依紗は主人公・玲二の同僚であり婦人警官の若木純奈を熱演。玲二に好意を持つ一方で、常に危険な仕事をする彼を心配する役どころです。続編は仲里依紗が出産後、初の演技となりましたが、過激なアクションも見せてくれるおすすめ映画となっています!

仲里依紗が出演するおすすめ映画No.9『パパはわるものチャンピオン』(18)

かつて人気レスラーだった大村孝志(棚橋弘至)は、怪我や世代交代の影響で、今は悪役覆面レスラー・ゴキブリマスクとしてリングに上がっていた。孝志と妻の詩織(木村佳乃)は、息子・祥太(寺田心)が大きくなったら父親の仕事を教えてあげると約束していたが、ひょんなことから祥太は父親の仕事を知ってしまう。大好きなパパが嫌われ者の悪役レスラーのゴキブリマスクだと知った祥太は、ショックと恥ずかしさで混乱し、クラスメイトにパパは人気レスラーだと嘘をついてしまう。しかし、必死で戦うゴキブリマスクの姿が次第にかっこよく見えてきて……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/89212

パパはわるものチャンピオン

パパはわるものチャンピオン

2018年/日本/111分

作品情報 / レビューはこちら

2011年に発売された絵本「パパのしごとはわるものです」と第2弾となる「パパはわるものチャンピオン」をベースとしたおすすめプロレス映画。かつては名実ともに最高潮だったプロレスラーがケガや若手の追い上げによって「悪者役」へと転落しながらも、息子にとって恥ずかしくない父親の勇姿を見せる感動作です。仲里依紗は本作でプロレス好きの編集者・大場ミチコ役を熱演。仲里依紗も息子を持つ母親であり、親子一緒で見るべき作品だと太鼓判を押しています!

仲里依紗が出演するおすすめ映画No.10『クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』(21年7月30日公開)

しんのすけ(声:小林由美子)たちは風間くんの誘いで全寮制の超エリート校「私立天下統一カスカベ学園」、通称・天カス学園に1週間体験入学することに。夢と希望に満ち溢れた学園生活に胸を躍らせるしんのすけたち。一方、風間くんは、この体験入学で良い成績を収め、学園への正式入学を目指していた。ところが、しんのすけたちに足を引っ張られ、ついには大ゲンカの末、寮を飛び出してしまう。心配になり、風間くんを探しに出たしんのすけたちは、壊れた時計塔の中でおシリに奇妙な噛み跡をつけられて倒れている風間くんを発見。翌朝、目を覚ました風間くんは、究極のおバカに変貌していた。実は、学園内では正体不明の“吸ケツ鬼”にお尻を噛まれた生徒が突然おバカになる怪事件が多発していたのだ。

出典元:https://eiga-board.com/movies/94894

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園

2021年/日本/104分

作品情報 / レビューはこちら

劇場シリーズ大29作目にして、初めて学園ミステリーをテーマに制作された本作。幼稚園児であるしんちゃんたちが学園に体験入学したり、風間くんがおバカになったりするなど、斬新な設定も盛りだくさん。仲里依紗はゲスト声優として参加しており、成績優秀で多彩なギャル・アゲハの声を担当しています。アニメの声優は『時をかける少女』でも経験しているほか、劇場版の『モテキ』でも派手な女性を演じており、今回の声の演技も板についています。ちなに仲里依紗のほかにもフワちゃんや「チョコレートプラネット」の長田庄平と松尾駿も出演するなどゲストも豪華です。

関連リンク

  • 6/30 21:56
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます