髪色、髪型、顔のつくりまでそっくりなマネキンに「これが僕じゃなかったら誰?」困惑する男児(英)

拡大画像を見る

英ウェールズのポーイス南西部アストラドガンライス(Ystradgynlais)に住むルイーズさん(Louise、48)は先月25日、スウォンジーにある大手小売店「マークス・アンド・スペンサー(M&S)」を息子のオースティン・メジィス・エイハーン君(Austin Meges A’hern、5)と一緒に訪れた。

ルイーズさんのお目当ては衣料品売り場のマネキンで、身長こそオースティン君より低いものの、明るいブロンドの柔らかな髪、長い前髪のショートヘア、そして顔のつくりまでが瓜二つであった。

「これは信じられないわ!」と驚嘆の声をあげたルイーズさんは、マネキンのそばに息子を立たせると写真を撮った。

オースティン君は制服の白いポロシャツに黒の半ズボンをはき、恐竜の模様のリュックを背負っており、マネキンも全く同じ格好だ。それに黒い靴や靴下までお揃いで、まさにドッペルゲンガーそのものであった。

ルイーズさんは「子供のことを一番よくわかっているのは親ですからね。マネキンは顔のつくりだけでなく、あの子と態度まで似ていたのです。だって何気ない足の置き方まで一緒なんですから、本当に驚きましたよ」と当時を振り返る。

一方のオースティン君はマネキンを見るなり笑いが止まらなかったそうで、ルイーズさんは「なんだかとっても可笑しくてね。だってオースティンは『これってまさに僕だね!』『本当にそっくりだ』って言い続けていたから。それにずっとマネキンの髪を触っていたんですよ」と語り、始終興奮状態だったことを明かした。

ここで時計の針を少し戻して補足すると…実はこのマネキンをM&Sで最初に見つけたのはルイーズさんの姪で、マネキンの写真を撮って送ってきたという。ルイーズさんは息子そっくりのマネキンに奇妙な親近感を覚え、その写真をオースティン君に見せたところ、こう聞いてきたと言う。

「え? これって僕だよね。僕はそこで何をしているの?」

オースティン君はかなり困惑していたそうで、ルイーズさんはマネキンの写真を見た息子の反応についてこのように説明した。

「オースティンはしばらくすると、そのマネキンが自分が持っていないパジャマを着ていることに気付いてね。『あ、これは僕じゃない…。でも僕じゃなかったら、いったい誰なの?』と質問してきたわ。息子は何が起こっているのか理解できなかったようなの。」

そしてルイーズさんは先月25日、学校帰りのオースティン君を連れてマネキンを一目見ようとM&Sを訪ねたというわけだ。

ただここで話は終わらない。オースティン君を見た店のスタッフはあまりのドッペルゲンガーぶりにひたすら感心し、マネキンのパジャマを脱がせて制服を着せ、完璧な分身を作り上げたのだった。

なおこのニュースには「平和な話題だね」「本当によく似てる」「どちらかというとボリス・ジョンソン首相に似てるよ」「M&Sもやるじゃない!」「たまにはこんなニュースもいいわよね」といったコメントがあがっている。

ちなみに2017年には人気シンガーソングライターのエド・シーランのドッペルゲンガーとして2歳の女の子が、今年6月にはボリス・ジョンソン首相にそっくりなブロンド髪の赤ちゃんが話題になった。

画像は『The Sun 2021年6月29日付「MODEL PUPIL Mum stunned after finding M&S mannequin that looks just like her son」(Credit: SWNS)』『WalesOnline 2021年6月29日付「Mum finds mannequin in M&S that looks identical to her son」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 7/1 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます