的場浩司 10年にわたって悩まされる「めまい」、毎年この時期に

拡大画像を見る

 俳優の的場浩司が6月29日に更新したブログで、約10年にわたって悩まされている症状があることを明かした。

 的場は「ここんとこ色々と不調だ…右肘の靭帯は快復にはまだ遠い…暇さえありゃ整骨院に通ってる…右肩の筋はガチガチ…」と体のあちこちの状態が悪いことを記した。的場は「極めつけは毎年この時期になると『めまい』が起きる…1~2週間で治るんだけどさ…10年くらい続いてる…今回はひどかった…」と長期間にわたって悩まされていることを記した。

 「低気圧が接近してたから…立ってる状態から座ったり寝転んだりすると… 頭を掴まれてグリングリン回されてる感じ… 整骨院の先生が治してくれた…『低気圧の影響とストレスですね。』一撃で治った…」と整骨院で治してもらったことを明かした。

 的場はまた、コロナワクチンの接種券が届いたことも報告。「とっとと打ちに行ってきます… 周囲の人に少しでも安心してもらえるように…」とした上で、「10年後20年後にどんな影響が出るか分からんから若い人はよく考えて…打つも打たぬも本人次第だからね…」と記した。

関連リンク

  • 7/1 20:55
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます