38歳リベリー、フィオレンティーナ退団が決定…2シーズンで51試合に出場

拡大画像を見る

 フィオレンティーナは1日、元フランス代表MFフランク・リベリーの退団をクラブ公式ツイッターで発表した。

 リベリーとフィオレンティーナの契約は、6月30日で満了を迎えていた。同選手は契約延長を望んでいると伝えられていたが、契約更新は行われずフリーとなることが決定した。

 現在38歳のリベリーは、2019年夏にバイエルンを退団してフィオレンティーナに加入。1年目の2019-20シーズンは足首のけがにも悩まされ、セリエAでは21試合出場3ゴール3アシストにとどまった。

 20-21シーズンはセリエAの28試合に先発出場するなど、主力の一人として活躍。キレのあるドリブルでチャンスを多数演出し、公式戦30試合の出場で2ゴール7アシストを記録した。

関連リンク

  • 7/1 20:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます