武内由紀子 第2子特別養子縁組を報告、18年には長男、「子育てに励みたい」

拡大画像を見る

 タレントの武内由紀子(48)が、第2子特別養子縁組をしたことを1日、所属事務所が発表した。2018年には長男を同様に迎えており、武内は「全員血はつながっていませんが、普通のどこにでもある家族になっていると思います」とコメントを出した。

 発表によると武内は昨年4月に特別養子縁組で女児を自宅に迎え、この度、家庭裁判所への申し立てが受理されたとしている。

 武内は事務所を通じて「4人家族となり、にぎやかな毎日を過ごしています」とコメントを発表。「毎日ドタバタと育児していると忘れてしまいますが、『初心忘るべからず!』で、特別養子縁組を決めたときの気持ち、そして迎えて初めて会った時の気持ちを忘れずに子育てに励みたいと思います!」と前向きな思いを伝えた。

 武内は1993年から96年まで「大阪パフォーマンスドール」のリーダーとして活躍。現在はタレント、女優として活動している。

関連リンク

  • 7/1 19:36
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます