武内由紀子、第2子特別養子縁組報告「全員血は繋がってはいませんが、本当に普通のどこにでもある家族に」

【モデルプレス=2021/07/01】女優でタレントの武内由紀子が、特別養子縁組制度により長女を入籍したことを報告した。

◆武内由紀子、第2子特別養子縁組

竹内は「2020年4月に特別養子縁組制度で迎えた女の子が、この度、家庭裁判所への申し立てが受理され、我が家の長女として入籍した事をご報告させていただきます」と第2子となる長女を入籍したことを報告。

「2018年に迎えた長男と4人家族となり、賑やかな毎日を過ごしています。毎日ドタバタと育児していると忘れてしまいますが、『初心忘るべからず!!!』で、特別養子縁組を決めた時の気持ち、そして迎えて初めて会った時の気持ちを忘れずに子育てに励みたいと思います!」と今後に意気込み。

「父、母、兄、妹 全員血は繋がってはいませんが、本当に普通のどこにでもある家族になっていると思います。これから子ども達が成長し、悩む日がくると思います。ですが、その時に前向きに明るく立ち向かえる家族でありたいと思います」を思いを語り、「今後ともあたたかく見守って下さいますよう、よろしくお願い致します」と結んでいる。

◆武内由紀子プロフィール

1993年~1996年、大阪パフォーマンスドールのリーダーとして活躍。1995年 今田耕司、東野幸治と結成したWEST END×YUKIとして『SO.YA.NA』をリリース。2008年8月に「2008限定大阪パフォーマンスドール夏祭り!!~15年目の夜だから~」で大阪・東京と2日間だけの限定ライブ開催した。現在はタレント、女優として幅広く活動している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/1 19:56
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます