エド・シーラン、愛娘は「僕の新曲が好きじゃないみたい」

拡大画像を見る

英大人気シンガーのエド・シーランは、高校時代のクラスメートだったチェリー・シーボーンさんと2017年末に婚約、そして2019年に密かに結婚した。当初エドは結婚について触れることはなかったものの、自身のミュージックビデオ『Put It All On Me』にチェリーさんと共演した際に2019年1月に結婚したことを明かした。

そんな2人の間に昨年8月、第1子となる娘が誕生した。エドは自身のInstagramで「素晴らしい産科チームの助けもあって、チェリーが健康で美しい僕達の娘“ライラ・アンタークティカ・シーボーン・シーラン(Lyra Antarctica Seaborn Sheeran)”を出産したよ」と赤ちゃんの靴下の写真とともに愛娘の誕生をファンに伝えていた。

ビッグシンガーの娘ということで注目されているライラちゃんだが、エドは5月29日にラジオに出演した際このように話した。

「娘に僕の新曲を歌ってみるけど、あんまり好きじゃなさそうだね。泣くんだ。」

「でもライラは『Shape of You』はすごい気に入っているんだ。マリンバ(木製の鍵盤打楽器)の音がいいみたいだね。でもうるさい曲とかドンドン響く曲は好きじゃないよ。」

そんな娘にゾッコンのエドは先月28日、ポッドキャスト『Open House Party』に出演し、現在のライラちゃんの様子や第2子の可能性について言及した。エドは「家族が増えたら嬉しい」として、こう話している。

「ライラはとっても可愛いよ。今は、ハイハイしようとしたり、喃語をいっぱい話しているよ。」

「これから子どもが増えたらすごく嬉しいな。でも女の子の方が男の子よりもずっと賢いね。僕が男だから、そう感じる。」

「子どもが1人できただけでも幸せなことだけど、家族が増えたらいいなって思う。でも1人いるだけでも幸運なこと。もしできなかったとしても十分幸せなんだけどね。」

またエドは親になり、さらに30歳となった気持ちの変化をこのように語った。

「20代の頃はパーティ、仕事、世界中を旅行したりして目まぐるしく時間が過ぎていったけど、今は全部やめたよ。今は自分が一体誰なのか理解しようとしてるんだ。」

「親になって『クラブ』に入会した気分だよ。そこには他の親たちがいて、みんな理解し合えるんだ。母が夕方ライラを見てくれるから、夫婦で同じく子を持つ友人と飲みに行って、僕が『そろそろ帰らなきゃ』って言ってもみんな引き止めないよ。『わかった、しょうがないね』って言ってくれるから。」

画像は『Ed Sheeran 2021年6月25日付Instagram「I’ve never liked photo shoots but they bought me a nice jumper」、2020年9月1日付Instagram「Ello!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Tina)

関連リンク

  • 7/1 19:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます