泉谷しげる ワクチン1回目接種、症状出るも「元気にやってるぜぃ」

拡大画像を見る

 歌手の泉谷しげる(73)が1日、ブログを更新し、新型コロナウイルスワクチン接種の1回目を終えたことを報告した。「左腕が重くなり、アルコールが回ったかの状態になったンだよ」としたが、「雨にも負けずコロナにも負けず元気にやってるぜぃ」と大事に至っていないことを記した。

 泉谷はブログのタイトルを「注射はキライ」とし、「ワクチン接種に行ってきたぜぇい ちょっと痛かったかも(笑)」と投稿。「おそらく、注射ぎらいなオイラは射たれる瞬間、余計なチカラ入れてしまったのだろ……射ってから1時間後テレビの取材受けてたンだが~その最中に左腕が重くなり、アルコールが回ったかの状態になったンだよ」と接種後の症状を明かした。 泉谷は「酒もタバコもやらず、ふだん薬接種してないヒトは1~2時間でワクチン効くことがあるそうな つまり、オイラは超元気だってこと だったら注射しなくてもヨカッたンじゃね?」などとユーモアをまじえた。さらに泉谷は「翌日は、やはり左腕が痛重く腕が余り上がらない」と接種から2日目にも症状があったことを明かした。

 泉谷は「ネット画廊『IZUMIYA・ART WORKS』新作第4弾、10作品完売したとのこと ほんとうにありがたく感謝御礼だよ 第5弾は~おそらく、8月の25日かな その間、ドラマ、映画の撮影やら~頼まれ曲のレコーディングがあったりでナニかとナニか なので2ヶ月近くお待ちくだされたし 雨にも負けず コロナにも負けず 元気にやってるぜぃ」と投稿した。

関連リンク

  • 7/1 18:19
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます