宮脇咲良がHKT48・AKB48に残した功績とIZ*ONEの活動を通して示したアイドルの可能性

拡大画像を見る

 2021年6月19日に開催された『宮脇咲良 HKT48 卒業コンサート ~Bouquet~』をもってHKT48を卒業した宮脇咲良。HKT48の顔でありながら、AKB48の中心として活躍、さらにはIZ*ONEのメンバーとしてグローバルな活躍をしてきた日本のアイドルを象徴するひとりのアイドルの卒業に惜しむ声も多い。10年という節目に決意したアイドルからの卒業。ここではアイドル・宮脇咲良が10年間のアイドル人生を振り返ってみたい。

 平均年齢13.8歳という当時の48Gで最も若いグループとして2011年に結成されたHKT48の1期生として加入した宮脇。2014年にAKB48の38thシングル『希望的リフレイン』で渡辺麻友とWセンター、10周年の記念シングルとしてOGも参加した43rdシングル『君はメロディー』で初の単独センター、48thシングル『願いごとの持ち腐れ』では松井珠理奈とWセンター、活動休止前最期のシングルとなった54thシングル『NO WAY MAN』で単独センターと、多くのAKB48表題曲でセンターを務め、グループの顔として活躍。それに比べてHKT48では兒玉遥とのWセンター曲『12秒』のみとなっているが、2つのグループを行き来しながら多くの経験をHKT48へ還元してきたメンバーでもある。

 宮脇の活躍という意味で思い出されるのが選抜総選挙における躍進だろう。2012年グループ加入からまだ1年という中で行われた『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』において宮脇は47位を獲得しHKT48として初のネクストガールズに選出。

 2013年には26位と大きく順位を伸ばすなか11位(2014)→7位(2015)→6位(2016)→4位(2017)と着実に自らの順位を上げてきた。

 最期の選抜総選挙となった2018年には目標とする順位には届かなかったものの、過去最高となる3位にランクイン。未来のAKB48を背負っていくという決意、そしてHKT48として連覇を成し遂げた指原莉乃への恩返しという宮脇の思いは果たされなかったが、スピーチで語られた言葉からは幾分たくましさすら感じさせるものだった。

 指原の思いを受け継いでHKT48の躍進を支えた宮脇の活躍は、卒業してもなお語り継がれていく類のものだろう。

 2018年に参加した『PRODUCE 48』の最終結果で2位を獲得し、IZ*ONEのメンバーとして活動をスタートさせ、ミニアルバム『COLOR*IZ』でデビュー。2年6ヶ月の期間をAKB48として活動を休業し、IZ*ONE専任として活動することとなった。

 グループとしてもグローバルな活躍が期待できるほどに成熟を見せ、初の日本ツアーでは5公演で5万人を動員するなど、国内でもその熱量は高く大きな商業的成功を収めたIZ*ONEだったが、『PRODUCE 48』の投票数操作の発覚やアルバムの延期、それに追い打ちをかけるように新型コロナウイルスの影響で活動がままならず、決して順風満帆とはいかなかった。

 しかし、宮脇は日本とは比べものにならない過酷なレッスンの日々を過ごし、目まぐるしく成長していった。髪色をピンクに染め上げ挑んだ昨年のヒット曲『Panorama』で見せたキリッとした表情と完成されたダンススキルは、彼女の成長を強く実感するものだった。

 日本のアイドルグループとはパフォーマンス面や精神的にも大きく異なるIZ*ONEとしての活動を通して、「私もアイドルだからとルールに縛られずに、言いたいことを伝えることで、逆にそれが誰かを元気にしてあげられるのかもしれないと考えるようになりました」と宮脇は語っているように、アイドルとしての自身のあり方にも大きな変化があったそう。

 ラジオ番組『今夜、咲良の木の下で』(bayfm)で「IZ*ONEで学んだこと、IZ*ONEで得たもの、そしてWIZ*ONEから教えてもらったものすべてを、これからの人生に活かして、後悔のないように生きていきたいと思ってます」と、IZ*ONEで築き上げた経験を胸に力強く宣言していた。

 宮脇は世界基準のアイドルグループとの接点を築き、アイドルの可能性を広げてくれた存在として、日本の音楽業界にもたらした功績はあまりにも大きすぎるものだ。

 6月19日に開催された卒業コンサート『宮脇咲良 HKT48 卒業コンサート ~Bouquet~』では、HKT48の全メンバーが出演するほか、HKT48を支えた指原莉乃や宮脇とともにグループを牽引した兒玉遥らOGも参加し、宮脇の門出を祝った。

 まさしく集大成としてふさわしい舞台だったように思う。そこで強く感じたのは約3年前とは違う自信に満ち溢れた表情を見せていたということ。今後の活動についてはまだアナウンスされていないが、今の彼女であればどんなステージでも輝きを放つことができるだろう。

宮脇咲良のプロフィール

 1998年3月19日生まれ、鹿児島県鹿児島市出身。2011年7月、HKT48の1期生オーディションに合格。2012年10月にAKB48の27thシングル『UZA』で表題曲に初めて選ばれると、2014年には38thシングル『希望的リフレイン』で渡辺麻友とWセンターに抜擢。2016年には43thシングル『君はメロディー』にて単独センターも務めた。

 その後も、54thシングル『NO WAY MAN』で2度目の単独センターとなるなど、HKT48のみならずAKB48のエースとして活躍。2018年にはYouTubeチャンネル「宮脇咲良チャンネル」を開設し、現在もゲーム実況動画を中心に投稿している。

 同年韓国のオーディション番組『PRODUCE 48』に出演。宮脇は最終結果で2位を獲得しIZ*ONEのメンバーとして、ミニアルバム『COLOR*IZ』でデビューを果たす。

 アジアツアー『IZ*ONE 1ST CONCERT [EYES ON ME]』や日本ツアー『IZ*ONE 1ST CONCERT [EYES ON ME] IN JAPAN』を開催し、多くの観客を動員するなど成功を収める。

 2021年4月に2年6ヶ月の活動期間が終了。生配信番組『HKT48メンバー全員生出演「君とどこかへ行きたい」リリース記念ニコ生特番』にて卒業することを発表した。

関連リンク

  • 7/1 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます