“Twitter婚活”がトレンド。結婚した人たちの声「普通の出会いより相手が見える」

拡大画像を見る

◆Twitter上を駆け巡った「#Twitter婚活」のハッシュタグ

 先日、「#Twitter婚活」というハッシュタグがTwitter上でトレンドになっていた。どんなものか調べてみたところ、年齢や学歴、職業など自身のプロフィールを明記し、互いに条件の合う相手を探しマッチングする新しいタイプの婚活方法とのこと。

 Twitterで恋愛することのメリット・デメリットは? 今回は実際にTwitterで出会い、結婚まで至ったという2人の女性に話を聞いてみた。

◆出会いは共通の趣味から

 福岡県在住の川島紗里さん(20代・仮名)は、現在の夫であるSさんとTwitterで知り合い、昨年結婚したそうだ。馴れ初めを聞いてみた。

きっかけは同じアイドルを応援していたことです。グループは当時関東での活動がメインだったため、ファンも関東の方が多く、私の住む九州から応援している人が少ない状況でした。なので共通の趣味を楽しめる仲間がほしいと思ってTwitterで『九州』+『グループ名』で検索したんです。その中で出てきた4、5人の内の1人が現在の夫、Sでした」

 やりとりをしてから会うまでは2、3か月。応援していたグループのライブがあり、お互いに行く予定があったため、そこで初顔合わせをしたそうだ。

◆聞き上手な彼に惹かれて……

 初顔合わせをしてみてどうだったのか? 実際に会って感じたギャップを聞いてみた。

「Twitter上でのコミュニケーションだと、ただただ面白い人だな~という感じでした。会ってみてわかったことは聞き上手な人だなと。

 会話のラリーやスピード、相槌を打つタイミングはSNS上で話すのと、面と向かって話すのとでは違いました。私の場合はリアルのコミュニケーションが下手なので、文字でのほうが素直に話せましたけどね」

 Sさんの聞き上手なところに惹かれ、徐々に距離は縮まっていった。共通の趣味があったことで、会うことへのハードルも低かったそうだ。ライブがなくても次第に2人で会うようになり、交際がスタート。

 Sさんは5歳年下だったため、すぐに結婚とは考えていなかったが、交際から3年後、Sさんからのプロポーズを受け、めでたく入籍をした。

◆「会ってください」とDM

 東京都在住の佐川真希さん(仮名・30代)は、Twitterで出会ったKさんと昨年結婚。付き合った当初は遠距離恋愛だったという。

「夫はカメラが趣味で写真をよくツイートしていたんです。それを見て『良い写真を撮ってる人だなぁ』と思いフォローしました。しばらくは、たまにリプライする程度の関係だったのですが、同い年というのがわかってからはDM(ダイレクトメッセージ)でもやりとりするようになりました

 真希さんはあるとき、岐阜県へひとり旅に行こうと思い立った。そこはKさんが住んでいる地だったと頭をよぎる。意を決して、彼にDMを送ってみることに。

「DMを送ったら行く予定日にちょうど岐阜でお祭りが行われるという話を聞きました。私から『お祭りに一緒に行って、街を案内してもらえませんか?』とアプローチして、会うことになったんです」

 真希さんはお互い顔も知らない状態でよく誘ったな……と当時を振り返る。真希さんのTwitterアイコンは動物のイラストだったとか。

◆彼が引っ越してきて同棲がスタート

 リアルとネットではギャップがありそうなものだが、真希さんはKさんと会った印象について「イメージ通りだった」と話す。

「Twitter上の夫は、おしゃれで落ち着いてるイメージ。実際に会うとイメージ通りすぎて逆にびっくりでした。そのおかげか、緊張もせず元々知り合いだった? と思うくらい普通に遊ぶことができたんです。今思うと不思議な体験だったなぁと思います」

 初対面で意気投合したが、住所が離れており、なかなか会うことはできなかったという。付き合うまでどれくらいの時間がかかったのだろうか?

「付き合うまでは8か月で、実際に会ったのは3回です。少ないですよね。気軽には会えなかったのでLINEや電話は頻繁にしてましたね。会った日は、水族館やピクニック、カフェめぐりなど、デートの日は1日中一緒にいました」

 付き合ってから半年経ち、Kさんが「結婚を前提に」東京へ引っ越してきて同棲がスタート。初めて会ってからちょうど2年のタイミングで入籍をしたそうだ。

◆Twitterで恋愛することのメリット・デメリット

 Twitterで出会い、晴れて結婚をした2人の女性。しかし実際のところ良い面、悪い面があるのではないかと思い、それぞれに聞いてみた。

「メリットは、それまでの投稿である程度どんな人かを知ることができるので、コミュニケーションが苦手でもなんとかなるところ。

 デメリットは、他人とのやりとりやいいね欄を嫌でも監視できてしまうことや、周りからどうやって知り合ったか聞かれたときに苦い顔をされることですかね」(紗里さん)

「メリットは、気軽に始められることや、あらかじめ相手の情報が多いこと。ツイート内容から趣味や考え方が見えてくるので。それと、顔を出さなくても大丈夫なところです。

 デメリットはスピード感がないことや、年齢や住まいなどの情報まではわからないこと。顔を出さなくてもいいことは、メリットにもデメリットにも繋がりますね……」(真希さん)

 一見特殊な出会い方のようにも思えるが、普段の投稿から相手の情報を得られたり、共通の趣味を楽しめたりなど、プラスな面も多数ある。Twitterのアカウントさえ持っていれば誰でも始められる気軽さからも、今後もカップルが誕生しそうな予感だ……。

<取材・文/桃沢もちこ>

【桃沢もちこ】
愛知県出身、'93年生まれ。好奇心旺盛の雑食オタクライター。主にアイドルを追っかけてます。趣味はサウナ、旅行、飲酒、カルト映画など。アングラカルチャーが好きです。Twitter:@mochico1407

関連リンク

  • 7/1 15:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます