『全裸監督2』でAV女優役を熱演した佐藤あいり 「いい意味で『やるしかない!』と思えた」

拡大画像を見る

6月24日(木)からNetflixにて封切られた話題作『全裸監督2』。豪華出演陣が話題を集める同作に、有名アーティストのMVに多数出演していることでも注目を集める気鋭の女優・佐藤あいりもレギュラー出演し、体当たりの演技を見せている。「覚悟を決めて臨んだ」というAV女優役、大きな話題となった作品の続編に出るプレッシャー、さらには同作配信翌日に発売されたファースト写真集について、ありのままの心情を語ってくれた。

◆カオスな現場で固まった“覚悟”

——改めて、『全裸監督2』での役どころを教えてください。

佐藤あいり(以下、佐藤)咲良夢梨亜という、村西とおるさん(山田孝之)が立ち上げた「ダイヤモンド映像」の専属AV女優を演じています。事前に当時のAV作品を拝見して、女優さんの喋り方や雰囲気を参考にして撮影に臨みました。

——前作では、’80〜’90年代を精緻に再現した役者たちの服装やメイクも話題になりました。

佐藤 ビジュアル面を“寄せる”作業は結構大変でしたね(笑)。コロナ禍での撮影だったことで、メイクはアイシャドーの色だけ指定されてあとは自分でやる、という感じだったんです。もちろん’90年代に流行ったメイクをするのも初めてだったので、鏡とにらめっこしながら試行錯誤を繰り返しました。普段は使わない黄色や紫のアイシャドーを使ったり、マスカラをいっぱいつけたり……。難しくもあったんですが、そうやって自分の手で役に合った顔を作り込んでいく作業が新鮮で、とてもいい経験になりました。

——AV女優役というと、艶やかなシーンもあったのでは……?

佐藤 そうですね。オーディションを受ける際は葛藤もしましたし、現場でも緊張もしましたけど……いい意味で「やるしかない!」と思えたんです。役者さんたちも監督さんも、みんな本気で作品に向き合っているのがわかっていたし、だからこそ自分も本気でやろうと。そしてなにより、緊張して迎えた撮影が本当にカオスで(笑)。いつもはキレイなお洋服を着て現場で会っていた他の女優さんたちが、みーんな裸なんです。スタジオに入ってそんな光景を目にしたら、もう覚悟を決めて楽しむしかないなと。お芝居の楽しさにも改めて気づけたし、撮影中はいろいろと刺激的な毎日でした。

◆正直、オーディションに向かう足取りは重かった

——「オーディションを受ける際の葛藤」とは、具体的にはどんなもの?

佐藤 もう1年以上前のことなんですが、シーズン1を観たときにフリーズしちゃったんです(笑)。その時点で2のオーディションを受けることは決まっていたんですが、「私、この作品に出ようとしてるのか!」って。森田望智さん演じる黒木香の鬼気迫る濡れ場にも圧倒されました。ここまで全てをさらけ出した演技が私にできるのかなとも思ったり……。正直、オーディションに向かう足取りは重くて、顔も引きつっていたと思うんですけど、作品に関わることが決まるまでにはもう「やるしかない!」とまっすぐ前を見ることができていました。作品の中で自分がどう映っているのかは、まだわからないんですけどね。

——えっ! まだ完成した作品を観ていないんですか?

佐藤 そうなんですよ、あえて観ていないんです。観ちゃうと気が抜けちゃうんじゃないかって気がしていて。配信が開始されるまでは、私も作品を楽しみにしている大勢の方々と一緒に気を引き締めていたいんです。だから友達に「どうだった!?」って聞かれても「やれることはやったけど、どうなってるかわからん!」と伝えてます(笑)。

◆ファースト写真集もリリース「自分で自分のファンになれた」

——『全裸監督2』の配信開始前日には、ファースト写真集『Prema donna』が発売されました。

佐藤 本当はもっと早くに発売する予定だったんです。でも、コロナによって『全裸監督2』の撮影も延期になったり……ということがあってこのタイミングになりました。今は応援してくださっている方々にようやくお届けできると嬉しい気持ちです。

——ズバリ、写真集のコンセプトは?

佐藤 タイトルの「Prema donna」は、イタリア語で「オペラの主役となる女性」という意味です。私はまだまだ女優としての経験も浅いんですが、卵の殻を破って、成長して、いつか大きな舞台で舞うことができる素敵な女性になりたいという願いを込めてつけさせていただきました。写真も「生まれる」をテーマにありのままの自分を晒したシーンから、白いレースをまとって実際に踊ったシーンまで、このコンセプトに沿って臨みました。

◆「爽やか、笑顔!」というテイストとは違う雰囲気を出せたら

——とても大人っぽくてセクシーで、ミスマガジン2018で審査員特別賞に選ばれた頃とは随分と印象が違うように思います。

佐藤 今までマンガ誌でやってきた「爽やか、笑顔!」というテイストとは違う雰囲気を出せたらとは思っていました。でも、自分でも当時の写真を見返すと、自分でも「顔つきが変わったな〜」と思うんです(笑)。上京して3年目なんですが、良くも悪くもあどけなさがなくなって、キュッと引き締まったというか。意識しているわけではないですけど、「私ってこんな顔もできるんだ」って、自分でも驚いています。プライベートで友達と撮った写真だとゆる〜い顔をしているんですが(笑)、最近は私自身も“仕事をしているときの佐藤あいり”の顔のいちファンになれています。私の新しい一面を、多くの人に見てほしいです!

 クールビューティーなルックスとは裏腹に、終始チャーミングな笑顔を絶やさずインタビューに応じてくれた佐藤あいり。また、彼女のデジタル写真集『ずっと見ていたい』も7/13に発売予定。今後もさらなる活躍から目が離せなさそうだ!

【佐藤あいり】
‘96年、宮崎県生まれ。T167B85W59H88。10代の頃からモデル・女優として活動するかたわら、’18年にミスマガジン審査員特別賞を受賞。現在Netflixにて独占配信中の話題作『全裸監督2』に出演中のほか、ファースト写真集『Prema donna』が6月24日に発売されたばかり。公式Instagramは@satoairi_official

(取材・文/日刊SPA!編集部 撮影/荒熊流星)


関連リンク

  • 7/1 15:51
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます