Jリーグ、浦和へのけん責処分を発表…選手不正出場の第18節湘南は0対3の負け試合に

拡大画像を見る

 公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は1日、浦和レッズに対しての懲罰を発表した。

 6月20日に開催された明治安田生命J1リーグ第18節浦和レッズ対湘南ベルマーレの一戦で、浦和はJリーグが指定する公式の検査で陰性判定を得ていなかったGK鈴木彩艶を起用。これがJFA懲罰規程競技及び競技会における懲罰基準3-3「出場資格の無い選手の公式試合への不正出場 (未遂を含む)」に該当したため、Jリーグは同クラブに対してけん責処分を下すことを決定した。

 また、同試合は2対3のスコアで湘南が勝利したが、上記懲罰基準3-3に伴い浦和にとって「3対0として負け試合扱いの処分を科す」(※各個人記録は変更せず)ことも発表。なお、今回のけん責処分は無資格のまま試合出場した鈴木自身ではなく、「出場させた者」にあたる同クラブに下されることもJリーグは伝えている。

関連リンク

  • 7/1 15:47
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます