ひろゆきさんが2回目のワクチン接種完了をTwitterで報告 注射した看護師の言葉に「より前向きな感じがフランスらしいなぁ、、と」

拡大画像を見る

6月30日の夜、フランスに在住の2ちゃんねる創設者・ひろゆきこと西村博之さんがTwitterにて

ファイザーの新型コロナワクチンの2回目を打ち終わり待機中。
「これで旅行も行けるよ!」と注射してくれた看護士さんに言われたけど、コロナに罹りづらいとかより前向きな感じがフランスらしいなぁ、、と。

とツイートを行った。
6月3日未明に、1回目のワクチン接種について語っていたひろゆきさん。今回無事2回目の接種を終えたようである。

参考記事:
ひろゆきさん「新型コロナのワクチンを打ちました」フランスでのワクチン接種について語る
https://getnews.jp/archives/3025933[リンク]

現在、YouTubeの切り抜き動画が人気を博し、また各種メディアでコメンテーターとして活躍しているひろゆきさん。ツイートは反響を呼び、多くのリツイートや「いいね」を集めていた。

「流石ヨーロッパの人は言う事が洒落てますな」
「旅行の相手はひげおやじさん という事でよろしいか?」

といったような返信が寄せられ、また2回目は1回目より副反応が強く出る例が多いということでひろゆきさんの体調を気遣う声も多数寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

関連リンク

  • 7/1 15:15
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • え?フランスらしからぬ、と感じたけど。『接種証明して観光客は多くの制限を免れている。しかしほとんどの場合、ワクチン接種は旅行のための正義の条件ではない。』←こんな精神だよフランス人は。ロシアとスペインが血栓リスクを懸念して接種者に飛行機NG勧告出しても『ワクチンを接種した乗客に対して飛行機内での血栓症の危険性は高くない』と一蹴。どれにしろ流れに簡単に左右される国民性じゃない。どこにいるの?w

記事の無断転載を禁じます