赤ちゃんの最初の一歩を手助けした飼い犬「生まれた時からいつも一緒」(米)

拡大画像を見る

米マサチューセッツ州ボストン住むアリソンさんは昨年2月4日、病院で長女ジョーダン・ジューンちゃん(JORDAN JUNE、以下ジョジョちゃん)を出産した。ジョジョちゃんは3400グラムと元気な赤ちゃんで、数日後に退院すると美しい海が目の前に広がる家で愛犬のジャーマン・シェパードとラブラドルレトリバーなどのミックス犬“メイソン(Mason)”と、シルバー・ラブラドールの“ブレック(Breck)”の2頭に迎えられた。2頭はシェルターから一家が保護したオス犬である。

アリソンさんは「2頭は私が妊娠していることに気付いていたのでしょうね。私がジョジョを連れて帰宅すると、『赤ちゃんと一緒に帰ってきた』と言わんばかりに興奮し、娘のそばを離れようとはしませんでした」と、その日のことを振り返る。

また夫マットさんは「赤ちゃんが相手だから不安はあったけど、2頭はジョジョに興味津々でね。特にメイソンのこだわりぶりは一歩上をいっていたよ」と明かした。

マットさんに言わせると、メイソンはジョジョちゃんの影のようであり、赤ちゃんが安心のために肌身離さず持ち歩くブランケットのようでもあるそうで、いつもそばで温かく見守っているという。

「じゃれあって遊んでいるジョジョとメイソンを見ていると、まるで彼らにしか通じない言葉で話をしているようなんですよ」と語るマットさん。

ジョジョちゃんのお気に入りのゲームは、おもちゃのアヒルやカップをメイソンの身体や頭の上に載せることだそうで、SNSにはたくさんの動画が投稿されている。メイソンはまだ力加減がわからないジョジョちゃんに手荒にされてもじっと耐えており、楽しくて仕方がないジョジョちゃんは飛び切りの笑顔を見せていて微笑ましい。

そんななかでも特に印象的なのは、ジョジョちゃんがいつ歩き始めてもおかしくない生後11か月の姿を捉えた動画で、ジョジョちゃんは足をふらつかせながらもメイソンに体重を預けてガッチリとしがみつく。

少しずつ前進するもののバランスが悪いジョジョちゃんの横にはメイソンがピタリと寄り添い、まるで「僕がそばにいるからね。大丈夫だよ」と言っているかのようにも見える。

ジョジョちゃんはその後、再度の挑戦で最初の一歩を踏み出しており、数歩歩くと得意そうな笑顔を浮かべている。

この様子を目の当たりにしたアリソンさんは「ジョジョもメイソンもとっても誇らしそうにしているのがわかりましたね」と嬉しそうに語っており、マットさんはジョジョちゃんとメイソンの関係を「切っても切れないベストフレンド」と表現、「あの関係は一生涯続いていくんだろうね」と笑った。

なおやんちゃで活発なジョジョちゃんはもうすぐ1歳5か月を迎え、今では家の前のビーチをメイソンと一緒に走って散歩するのを日課としているそうだ。ジョジョちゃんの成長記録にもなっているSNSには、「メイソンはなんて優しいの!」「メイソンがジョジョのことをとっても好きなのがよくわかる」「こんなベストフレンドっていいね!」「可愛すぎる!」「うちの犬も全く同じよ。とっても辛坊強く娘と向き合ってくれるの」といったコメントがあがっている。

ちなみに6月中旬には、階段を上がろうとする1歳男児を体を張って阻止する生後5か月の子犬が話題になっていた。

画像は『Allison Ackerman 2021年1月11日付Instagram「Learning to walk with a little help from a friend」、2020年2月8日付Instagram「Welcome to the Wolfpack!」、2020年9月18日付Instagram「Best friends」、2020年11月26日付Instagram「Heading into the Holiday Season like」、2021年5月7日付Instagram「Make way for ducklings」、2021年6月25日付Instagram「Still one of her favorite games..」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 7/1 15:14
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます