『ドント・ブリーズ2』あの“最強の老人”が帰ってくる!予告初解禁、8月13日(金)日米同時公開

拡大画像を見る

2週連続全米No.1を記録し、日本公開されるや、88分間緊張しっぱなしの息もつかせないその恐怖がSNSで瞬く間に拡散され、異例の拡大公開でロングランヒットを記録した『ドント・ブリーズ』(2016)。その8年後を描いた『ドント・ブリーズ2』が、8月13日(金)に日米同時で劇場公開決定。予告映像が世界一斉で初解禁された。



『ドント・ブリーズ』は当初わずか33スクリーンでの上映スタートだったが、満席続出により上映規模が全国に拡大。そのホラー映画としての卓逸した完成度に、『天気の子』新海誠監督も自身のTwitterで「噂に違わぬ傑作」と称賛。錚々たるクリエイターや評論家たちをも唸らせた。


解禁された予告編には、8年前の惨劇が起こった屋敷で、あの盲目の老人が少女を育てている姿が映し出される。しかし彼の少女に向ける表情には、何らかの事情と不気味さを窺わせる――。そんな中、ある謎の武装集団が現れ、少女に近づき屋敷へと足を踏み入れると、ついに彼の狂気が目を覚まし、少女をめぐって暗闇での惨劇が再び繰り返されていく…。


ホラー映画史上“最強の老人”の呼び声高いあの盲目の老人の、想像を絶する8年後の戦慄を描く本作。監督を務めるのは、前作でフェデ・アルバレス監督と共に脚本を手掛けたロド・サヤゲス。またフェデも引き続き共同脚本・製作として名を連ね、サム・ライミが『死霊のはらわた』のリメイクを託すほど絶対的な信頼を寄せるホラー映画界の新たな才能が、我々をさらなる恐怖へと導く。

前作での怪演が話題になり、老人役を続投するスティーヴン・ラングは、「前作と大いに親族関係にあるが、多くの意味で独自の代物だ」と「THE Hollywood REPORTER」に語っており、自信をみなぎらせている。

『ドント・ブリーズ2』は8月13日(金)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
ドント・ブリーズ 2016年12月16日より全国にて公開


関連リンク

  • 7/1 14:25
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます