TBSで香取慎吾、中居正広、立て続け出演にファン熱狂!異例の「SMAPリレー」サプライズ

拡大画像を見る

 6月25日放送の『ぴったんこカンカン』(TBS系)に、香取慎吾(44)が三谷幸喜監督(59)の舞台『日本の歴史』で共演する中井貴一(59)とともに出演した。香取は東京タワーが大好きだそうで、安住紳一郎アナウンサー(47)から「本当に東京タワー大好きなんですよね」と聞かれ、「小学生ぐらいの頃から仕事をしてて、各局行くのが足が重かったりするんですよ」「そのときに“なんかなぁ”と思って、パッと見たら東京タワーが“頑張れ!”みたいな。言ってくれてる気がして」と思い出を語った。このとき、すでにSMAPのメンバーだった12歳当時の香取の写真も映し出され、さらにSMAPのデビューシングル『Can’t Stop!!-LOVING-』がBGMに流れた。

 しみじみと過去を振り返る香取に、中井が「すげぇいい話じゃない」と感心すると、安住アナは「なんか香取さん芸風変えました?」と不思議そうな表情。香取は「芸風って!」とツッコみ、「東京タワーだとそうなっちゃうんです。本当に」と、東京タワーへの並々ならぬ思いを打ち明けた。

 ちなみに、現在の東京六本木ヒルズにテレビ朝日が移設前、旧本社の中には、かつてジャニーズJr.たちがレッスンしていた「第1リハーサル室」、通称“1リハ”があった。SMAPのメンバーが初めて会った場所も1リハだったといい、香取がそこを最初に訪れたのは小学5年生のときだった。そういう意味でも香取にとって、思い出と六本木や東京タワーは切っても切れないものなのだろう。

 番組のロケでは、そんな香取の好きな東京タワーを眺めるため、穴場中の穴場だという港区役所の職員食堂など、絶景スポットへ。香取は「こんなにきれいに見える場所はあんまりないかもしれない」と感激していたが、タワー周辺にビルやマンションが建設され続けているため、「今まで見えてた場所からも、見えなくなってきたり」「そういうの常に気にしてます」と残念そうに語った。

■SMAP尽くしの金曜日にファン歓喜

 昔、六本木ヒルズがあるあたりには池があったとそうで、香取は「その池にバラエティの番組で何度も僕は入りました」「(セットに)こうやってつかまって、いつまで我慢できるか」と苦い思い出も振り返り、そのときも東京タワーに励まされていたと笑った。また2017年に終了した『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)最終回のVTRも流され、サプライズで『スマステ』カラーにライトアップされた東京タワーを見て、香取が「信じられない!」と歓喜する様子が紹介された。そのVTR後のBGMには、『夜空ノムコウ』が流れた他、番組中には『がんばりましょう』などSMAPの楽曲が繰り返し使われた。

 さらにこの日、『ぴったんこカンカン』放送後、同局では『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』が放送されたため、SMAPファンからは「SMAP曲堪能できて幸せ」「スマステに東京タワーにSMAP泣きそう」「ぴったんこカンカン慎吾から金スマ中居くんのSMAPリレー」「やっぱSMAP最高」「後は5人が一緒に出てくれたら」「TBSさん、ありがとう」など、喜びの声が続いた。

 今回、他局での香取のVTRまで流した『ぴったんこカンカン』だが、TBSでは今年3月放送の『音楽の日』でもSMAPファンを喜ばせるサプライズがあった。同番組は中居正広(48)と安住アナが司会を務めているが、2011年の同番組を振り返るVTRの中で、当時SMAPが披露した『オリジナルスマイル』のパフォーマンス映像を紹介。さらにその後、番組内で『夜空ノムコウ』を手がけたスガシカオが同曲を披露。この“SMAPコンボ”もファンを歓喜させた。

 7月17日にまた『音楽の日』の放送が予定されているが、再びのサプライズはあるのだろうか。

関連リンク

  • 7/1 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます