ジョージ王子がサッカー観戦 イングランドの歴史的な勝利にファンら「チームのマスコットになるべき!」

拡大画像を見る

現地時間6月29日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催したEURO2020決勝トーナメント1回戦でイングランド代表とドイツ代表が対決、2-0でイングランドが勝利した。

イングランドにとってドイツは因縁の相手だった。イングランドは1996年、UEFA欧州選手権準決勝でドイツと対戦。1-1のままPK戦に突入するもドイツが制したため、自国開催での優勝は叶わなかったのだ。

英国では現在、コロナ規制が緩和されたためスタジアムでは約45,000人のファンが観戦し、国内のバーやパブでは集まったファンの間で祝杯があげられた。ガレス・サウスゲート監督率いるチームがドイツ戦での勝利を成し遂げ、イングランドのファンは素晴らしい試合を楽しんだのである。

スタジアムの観客席では、ウィリアム王子とキャサリン妃が長男ジョージ王子を連れてサプライズ登場した。ジョージ王子は父ウィリアム王子とお揃いの紺のブレザーにストライプのネクタイ姿で、キャサリン妃は「ザラ」の赤いジャケットを着用しており、試合展開を見守った。

現在イングランドサッカー協会(FA)の会長を務めるウィリアム王子は大のサッカー好きで、ジョージ王子も父の血を受け継いだようだ。これまでにサッカーをテーマにした誕生日会を開いたり、父のポロの試合の応援に出かけた際にサッカーボールを蹴る姿などが目撃されている。

イングランドが25年前のリベンジを果たした後、SNS上では会場に現れたジョージ王子が「幸運のお守りだ」と称賛するコメントで溢れ返った。

「ジョージ王子は、イングランドのラッキーチャームよ!」
「今後、サッカーの試合はジョージ王子のベッドタイム以前に行って欲しい。彼のスーツのおかげだ!」
「ジョージ王子は、イングランドチームの幸運のお守りだと思う。彼が試合を楽しんでいるのを見るのは素晴らしいことだよ。」

ジョージ王子は2019年10月に英ノーフォーク州ノリッジのスタジアムでサッカーを観戦、「アストン・ヴィラFC」がゴールを決めた時に全身で喜びを表現する姿が話題になっていた。

この件に言及したファンから「ジョージ王子は、イングランドチームのマスコットになるべきだと思う。彼がアストン・ヴィラの試合を観戦した時も勝利した。今度はイングランドだったんだよ!」といったコメントも見受けられた。

イングランド代表が勝利を収めた日、ケンブリッジ公爵夫妻のSNSは3人が観戦する写真を公開し「信じられないほどのパフォーマンスだ。イングランド!」と祝福するメッセージを添えた。

なおこの日、ウィリアム王子夫妻の後ろではデヴィッド・ベッカムと次男のロメオや、エド・シーランと妻チェリー・シーボーンさんらも観戦していた。試合中にはデヴィッドとジョージ王子が会話する姿も見られたという。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2021年6月29日付Instagram「Incredible performance @England!」』『David Beckham 2021年6月30日付Instagram「Special night last night at Wembley with fans back in the stadium watching the boys @england beat Germany ..」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 7/1 10:10
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます