「反りが合わない!」フジ・久代萌美アナ、異動で振り返る「暴言と迷言」

拡大画像を見る

 フジテレビの久代萌美アナウンサーが、7月1日付でネットワーク局に異動。一部のネット上では〝左遷〟とも噂されており、今後が心配される。久代アナはこれまで「さんまのお笑い向上委員会」「ワイドナショー」などの人気番組を担当。アナウンス室を離れることで寂しく感じているファンも少なくない。

 その久代アナ、数々の暴言・迷言を残していた。強烈だったのはお笑いタレントの松本人志に放った「干されればいいのに」発言。2019年8月放送の「ワイドナショー」でのこと。松本から「すっげーコンパしているらしい」と振られた久代アナは「してないです。本当にしてないです」と否定。それでもコンパ疑惑を問い詰める松本。そこでMCのお笑いタレントの東野幸治から「(松本が)嫌いですか?嫌いですか?」と問われ、久代アナは「本当に嫌い。干されればいいのに」と暴言を放った。このとき、まさか自分がアナウンス室から干されるとは夢にも思っていなかったはずだ。

 20年12月放送の同番組では、社会学者の古市憲寿氏が餌食になった。久しぶりに出演した古市氏は「久代さんからNGを出されているらしくて」と不満を漏らすと、久代アナは「NGではないですけど、なんか……反りが合わない。あまり好きじゃない(笑)」と本音で回答。古市氏を避けていたようだが、皮肉なことにテレビ番組で顔を合わせることはもうないかもしれない。

「6月28日のインスタグラムのストーリーズでは、迷言を残していました。自身の異動を報じた記事を貼り付け、『宜しくお願いします!世界一有名な局にします』と綴っていました。久代アナが異動するネットワーク局は、系列の地方局で制作された映像をフジテレビで放送する際の調整などを行う部署のようです。どうやったら、ここで〝世界一有名な局〟にできるのやら……。謎です」(テレビ誌ライター)

 久代アナの暴言・迷言を見聞きすることができなくなるのは残念だ。

(石田英明)

関連リンク

  • 7/1 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます