市川美織 新人アイドルグループのコリオグラファーに「伝えたいことがあふれてしまって…」

拡大画像を見る

最上級のかわいいを追求し「リボン」と「ピンク」と「猫」が世界一似合うガールズグループ、「miao(ミャオ)」。

そんなmiaoのファーストシングル曲でコリオグラファーに抜擢されたのは…、元AKB48・NMB48市川美織。


最上級のかわいいにフレッシュレモン遺伝子はどう紡がれていくのか、早速miaoのお披露目ライブを終えたばかりの市川美織を訪ね、その舞台裏を聞いてみた。


――最上級のかわいいを追求したアイドルグループ「miao(ミャオ)」のデビュー曲を振付担当されたとのこと、お疲れ様です

ありがとうございます。


――先ほどのお披露目ステージをご覧になっていかがでしたか?

もう、自分がやるより緊張しちゃいました!

それでも、みんながこの振付を気に入って踊ってくれているのが本当に良かったです。

それぞれが可愛くて、楽しさも出ていましたし。

お披露目も出来て、miaoのみんなだけでなく、お客さんも喜んでくれました。本当に嬉しいです。感無量です!

ここからは、miaoのみんなが仕上げていく形です。もう今回のステージで基礎は完全に出来ました!


――市川さんは今回のオファーが来た際、どのように捉えられたのでしょうか?

元々アイドル好きだし、「みおりんこれからはアイドルプロデュースいいんじゃないの?」なんてお声もいただいていたこともあり、いつかやってみたいという思いがありました。

それでも指導の経験があるわけではないので、お話は来なかったんですが、私がお世話になってる方々の近くでmiaoのデビューが持ち上がり、最初のシングルに元アイドルを招くのはどうかというアイデアが出たそうです。

そこで「振付に市川美織どうですか?」って推してくださる方がいらして!

初挑戦ではありましたが、二つ返事で「やります!やらせてください!」って言って実現したんですが、マネージャーさんからは「本当にできるの?」って言われました(笑)


――振付で気を付けたことや心がけたことはありますか?

フォーメーションだけでなく、ダンス未経験の子もいたので、わかりやすくてファンの方も覚えやすいダンスを意識しました。

今回はかわいくて猫全開な世界観ですが、いずれはカッコイイ方の振付にも挑戦したいですね!


――1人2人のダンスとは違い、いきなり13人のダンスをプロデュースというのはかなり難しかったのではないですか?

そうですね。振付より13人の立ち位置やフォーメーションの方が大変でした。

やっぱり目立てない子も出てきちゃうじゃないですか。1人1人を目立たせてあげたい、輝かせてあげたいと思っているので。

もう寝ずに考えましたね。

それでも実際に立ってもらったら、考えていたものと違って、やっぱりこっちの方がいいかも!ってなったり。

13人の振付でこれですからね、そう考えると私がAKB48やNMB48にいた頃の何十人という100人近いグループに振付をやってくれていた先生って、本当に凄いんだなと思えました。

それが気付けただけでも今回は成長につながったと思っています。


――miaoお披露目イベントでのパフォーマンスとご自身のデビューの頃を比較されてどうですか?

miaoのみんなは本当に頑張ってくれました!私達がデビューの頃なんて、棒歩きになってしまっていたり、先輩にぶつからないようにと意識しすぎて、移動が怖くなっていたりしましたから。

もう成長著しいです。

間違いなく今日がこれまでのベストパフォーマンスです!


――市川さんはグループアイドルを卒業され、今回はグループアイドルのデビュー曲を「振付」担当として関わる事となりましたが、心境などいかがですか?

アイドル時代は、自分をプロデュースすることに必死で、周りが見れていなかったんです。どうしても自分自分になってしまって。

それでもグループを卒業する頃はNMB48で私が一番センパイになっていたので、教えてあげることも多かったんです。

慕ってくれる子も多く、徐々に周りが見えるようになると、自分自身も客観的に見れるようになりました。

それまでは、ダンスの先生に「1人で踊ってる。周りを見てね」って言われることもあったんですが、最終的には視野を広げて、グループ全体を見ることが出来るようになっていました。

本当に達成感をもってグループを抜けることが出来たのは、この視野の広がりが大きな変化だったと思っています。


――その頃の後輩への指導方法や、市川さんがセンパイから受けてきた指導が今回役立っている形ですか?

そうですね。48の子たちにも教えたかったことがまだまだ沢山あったな~と思うこともあるんですが、今回はmiaoで教える立場になるわけです。

伝えたいことがあふれてしまって、振付のことはもちろん、立ち位置表の読み方や立ち位置で気を付けること、アイドルの心得や三カ条なんかを、立ち位置表に書き足していったら立ち位置より長くなってしまって(笑)


――(市川さんに立ち位置表を見せてもらいつつ)凄い書き込み具合ですね!イラスト付きの直筆で!これは教えてもらう側もモチベーションが上がりますし、miaoのパフォーマンス冒頭VTRでメンバーが「市川さん市川さん」と慕っていたのはこういうことの積み重ねなんですね!

少しウザいかな?とも思ったんですが、教えてあげられることは全部教えてあげたいと思いまして。

あのVTRは私も初めて見たんですが、みんなのモチベーションを上げるために伝えていた言葉をちゃんと覚えてくれていたことには感動しました。

挨拶や感謝、心構え、スタッフさんの大変さなんかを知らずに、いきなり上にあがってしまって、結果的に躓いた子たちも見てきているので、基礎をしっかり持ってみんながちゃんといい方向に成長して欲しいです。

これも私が初期の頃にセンパイから教えてもらったことだったりします。


――「拍手の時はマイクを叩かず、腕を叩いて拍手するように」と。(※市川さんがステージ上でmiaoメンバーに出したアドバイス)

そうですね(笑)

そういったことも言われないとわからなかったりするじゃないですか。

そんなことを伝えられる役割になれるよう、意識して頑張っています。

今回の振付(コリオグラファー)を経験して、私の中に広がりも生まれたので、他のアイドルプロデュースもやってみたいという気持ちが大きくなりました。


――今後の広がりも楽しみになっちゃいますね!ところでmiaoメンバーとの出会いはいかがでしたか?

最初の出会いはYouTubeだったんです。

私が振付をすることをサプライズ報告するという。

最初は、こんなドッキリすぐバレるだろうと思っていたんですよ。

「NY仕込みの先生です!」とか言って、マスクと帽子の私が出てくるんですよ?

頑張って怖い先生を演じるんですが、miaoのみんなは疑うどころか本当に信じ切っていて!

最終的に「実は、振付担当は私でした~!」ってバラすんですが、ここでも100点満点のリアクションをしてくれて(笑)

おかげで彼女たちの純粋さや、一人一人の個性も知れましたし、このドッキリがあったおかげで急速に仲良くなれました!

miaoのみんなは本当に純粋で可愛さを持っていますし、無垢な感じで腐ってないんですよ(笑)

このまま真っすぐ成長して、磨かれていって欲しいなと思っています。

――少し話題変わりまして、「久喜市くき親善大使」の継続もおめでとうございます。久喜市のお気に入りスポットや思い出などございましたら。

鷲宮神社は「らき☆すた」の聖地になっていたりしますよね。

私的にはとても馴染みある場所が、いきなり有名スポットになっていて。

埼玉って自虐的な言葉でよく語られますが、本当になにもないのが良かったりするんです。名所がないのが名所なんです。

何と言っても落ち着きますから。本当にいい場所です。みなさんも久喜に来て「ココいいな」という自分なりのスポットを見つけてくれると嬉しいです。

ファンの方も喜んでくれて、久喜市のオリジナルダンス「クッキーダンス」で久喜市PRビデオにも出演させていただき、YouTubeにも動画が上がっているのですが再生回数も伸びていてうれしい限りです。

去年はコロナもあり、なかなか地元に帰れなくてイベントも中止になってしまっていたので、今回の親善大使継続のお話は本当に嬉しいです。

今年イベントが出来るようであれば盛り上げて行きたいです!地元経済にも活力を与えたいので、レモンクッキー作って売っていけたらいいですね!


――レモンクッキーいいですね!広島レモン大使とのコラボもいけそうですね!しかし市川さんは親善大使にも本当に全力を注がれていますが、根底にある考え方はどのようなものなのでしょう。

やるからには中途半端ではなく、しっかりと貢献したいし、力になりたいんです。

私的には“お飾り親善大使”になってしまうのが一番イヤなので。

この思いはmiaoに関しても同じで、関わるなら出来ること全てやってあげたいという思いで参加しています。

出来ることもいっぱいあると思っているので、“動ける親善大使”として売っていきたいですね!


――なるほど!ありがとうございます。お忙しい昨今かとは思いますが、最近のハマりモノやハマり事などございましたら教えてください。

ゲーム実況や大食い系の動画を流し見したりするのが好きなんですが、最近AKB48のコンサートを良く見るんです。峯岸さんの卒業公演を見たり、次世代選抜のライブを見たり、結成15周年の48曲ノンストップライブを見たり。

そこで、「やっぱりアイドルっていいな~!」と思うようになり、またアイドルやりたくなってきちゃって!

「アイドル文化を終わらせたくない!」という強い思いが芽生えました。


――それは期待大ですね!それでは最後になりますが、miaoとの今後、そして市川さんの今後を視聴者に向けよろしくお願いいたします。

miaoのデビュー曲の振付を担当させて頂いたことをきっかけに、今後はさらに幅を広げていきたいです。

振付やプロデュース、色んなことに挑戦したいと思っています!

峯岸さんや、たかみな(高橋みなみ)さんじゃないですが、MCも頑張っていきたいです。

miaoちゃんとは今後もYouTubeなどでちょこちょこ繋がりを持てそうなので、1人で出来ない企画を一緒に楽しみながら、もっと仲良くなりたいです。

大きいところでのライブもやってみたいですし…、あ!私のアイドル活動再開で一曲コラボなんていうのも楽しいですね!(笑)

そんな感じで今は私の中のアイドル熱が凄いので、今後の動きにも期待していてください!

関連リンク

  • 7/1 10:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます