吉岡里帆、「透けた素材越し」美バストライン披露も“不穏な変化”をファン察知

拡大画像を見る

 推定Fカップの大きく美しいバストで男性ファンを魅了してきた女優の吉岡里帆だが、近ごろバストに穏やかでない変化が起きているのではないかとの指摘が上がっている。

「疑惑」が持ち上がったのは、彼女のインスタグラム。番組の告知やドラマなどの撮影の進捗状況などを吉岡は定期的にインスタで報告している。自撮りショットを公開することも多いのだが、どうも胸が小さくなってきているように見えると言われているのだ。

 中でも6月28日に公開された写真に注目が集まっている。映画の撮影で身につけた衣装を紹介する上半身の写真で、グレーの透けた素材の生地を身に着けている。その下は黒のキャミソールのよう。シックでエレガントな装いだ。

「とても美しい写真なのですが、明らかに胸は小さくなって見えます。以前のようなしっかりとした盛り上がりはなく、“なだらかな山”です。ただラインはとても魅力的ですね。かつて推定FカップでGカップもあり得るとも言われていましたが、今ではCカップ程度ではないかというのが主な意見で、大きめに見積もってもDカップといったところでしょうか」(週刊誌記者)

 そういえば、少し前に公開されたインスタ写真を見てもそう大きくは見えない。もっとも、服の着方によって大きく見えるかどうかは変わってくる。美しいラインなことには変わりはないのだから、ファンにすれば、本人がTPOに合わせ、“Fバスト”をことさらに強調したくなかっただけだと信じたいところだろう。

関連リンク

  • 7/1 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます