白石麻衣、松村沙友理の卒コンをサプライズ訪問も即バレしたワケ!

 10年来の仲間にとっては嗅ぎ慣れた香りだった!?

 元乃木坂46の白石麻衣が6月26日、自身のYouTubeチャンネルを更新。先日、乃木坂を卒業した親友の松村沙友理にサプライズを仕掛けるも、まさかの理由で即バレする結果となったことを報告した。

 松村は6月22日~23日に横浜アリーナにて「さ~ゆ~Ready? ~さゆりんご軍団ライブ/松村沙友理 卒業コンサート~」を開催。同じ乃木坂1期生の白石は仕事の都合で来場できないと伝えていたが、実際には2日目にサプライズで訪問し、松村には内緒で卒業コンサートを観覧していた。

 待機していた部屋でドキドキしながら、松村の訪問を待ち受けていた白石。ところが松村は、白石の姿を確認する前から「もう匂いで分かったんだけど…匂いで分かった、入口で」との独り言を発しており、対面前から白石の訪問を察知していたようだ。

「白石は、この日卒業する松村のために手紙を書いてきたのですが、その手紙をもらうなり松村は手紙の匂いを嗅ぎだすことに。これには動画の撮影スタッフからも『嗅ぐな、嗅ぐな』とツッコまれていました」(アイドル誌ライター)


 その奇行を見た白石は「ビックリした。(部屋に)入ってきた瞬間の『匂いで分かる』って…さすがだなって思った」と、自身の存在を察知した松村に驚いた様子。撮影スタッフは「どうやって頑張ってサプライズしようかって思ってたのに…」と話しており、感動の対面をシミュレーションするために白石が松村役を演じたことも明かしていたが、松村の嗅覚により台無しになってしまったようだ。

 そんな白石サイドに対して松村は「入口入った瞬間、…麻衣だ。麻衣がいる!」と、匂いで何かを感じるリアクションを交えながら、白石の登場を察知できた状況を説明。その超能力に対してはファンからも<匂いで分かるとか、さすがさゆりんだね><2人の友情は本物だな><ってか、まいやんの匂いどんだけいい匂いなんだよ。俺も嗅ぎたいです>といったコメントが寄せられていた。

「松村は白石の卒業シングル『しあわせの保護色』のMV撮影でも、背後から白石の匂いをクンクン嗅いだりしていました。かつてラジオ番組では『シャンプーみたいな匂いが強いですね。女の子と女性の間の匂いがします』と、白石が発する匂いについて説明していたことも。その匂いについてはSNSでも、白石が乃木坂メンバーの舞台を観劇した際に、彼女が通った一帯にいい匂いが充満していたというタレコミがあったほどです」(前出・アイドル誌ライター)


 ほかにも2018年11月に行われた発表会では、白石と一緒になった俳優の田中圭と中村倫也が「隣に座られた瞬間に、いい匂いするんですよ」と絶賛していたことも。

 それほどのいい匂いゆえに、10年間にわたって乃木坂46で活動を共にしてきた松村にとっては、白石の存在を嗅覚で察知することぐらい朝飯前だったのかもしれない。

(石田安竹)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/1 8:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます