竹野内豊VS沢口靖子「銀幕バトル」!?劇場版『科捜研の女』のウラ側!

拡大画像を見る

「『科捜研の女』(テレビ朝日系)の映画化が決まりましたよね。素晴らしい作品ですが、ビックリのことです」

 そう話すのはドラマ制作会社関係者。

 沢口靖子(56)が主演を務める『科捜研の女』といえば、1999年にシリーズがスタートし、現在まで22年にわたって続く人気ドラマシリーズで、2020年10月クールには最新の『Season20』が放送された。そして今年も、10月から『Season21』の放送が予定されているという。そんな歴史あるドラマの映画化。前出の制作会社関係者は続ける。

「昨今のテレビ不況で、地上波番組にスポンサーがあまりつかなくなっているほか、CM単価も安くなっています。そんな状況ですから、視聴率や評判がいいドラマは“すぐに映画化しよう”という話になるんです。最近だと『イチケイのカラス』(フジテレビ系)がそうですよね」

 6月14日に最終回が放送されたばかりの竹野内豊(50)主演の月9ドラマ『イチケイのカラス』だが、早くも映画化されることが決まったと、6月24日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じている。

「長澤まさみさん(34)主演の『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)も2018年4月クールにドラマが放送され、2019年5月には劇場版が公開されましたからね。視聴率や視聴者からの評判が上々だと、すぐに映画化の話が持ち上がるんですよ」(前同)

 嵐の櫻井翔(39)と広瀬すず(23)がダブル主演を務めたドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)も、スタート前から「映画の企画も進行している」という報道があった。

「テレビ朝日も例にもれずに、ドラマを映画化していくということでしょう。テレビ朝日の番組の多くが世帯視聴率は好調ですが、今話題の13~49歳が対象の“コア視聴率”は厳しい状況にありますからね」(同)

■米倉涼子『ドクターX』の映画化も十分ありえる

 日曜20時に放送されている、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』とテレビ朝日の『ポツンと一軒家』を比較すると、世帯視聴率では『ポツンと』が勝っているが、コア視聴率では『イッテQ』が『ポツンと』を4倍も上回っており、広告収入も『イッテQ』のほうが3倍以上も多いという。

「『科捜研の女』や『相棒』なども同様で、世帯視聴率15%以上が当たり前ですが、コア視聴率は全然で、番組のCM単価はそれほど高くないといいます。ただ、映画化することで大きな利益を得ることもできる。『相棒』もこれまで4作の劇場版が製作されましたが、1作目の興行収入は44.4億円を記録しましたからね。

 現在のドラマシリーズも、今後、映画化していくのでしょう。米倉涼子さん(45)主演の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)も映画になる可能性もありそうです。

 ただ、ここにきて放送開始から22年目の『科捜研の女』が映画化するというのはビックリです。劇場版では、ドラマよりもスケールの大きいストーリーが展開されるのでしょうね」(テレビ誌編集者)

 劇場版『相棒』でも、テロリストや国際犯罪組織との対決が描かれた。

「劇場版『科捜研の女』では、これまでにない事件、沢口さん演じる榊マリコの知られざる姿などが描かれるのでしょうね。佐々木蔵之介さん(53)の出演などが明らかになっていますが、他にも大物出演者が登場するのではないでしょうか。

 連続ドラマが積極的に映画化されるウラにはテレビ不況も絡んでいるといいますが、お馴染みのドラマが映画化することで新たな魅力が伝わったり、新たな視聴者を獲得できる可能性もありますよね」(前同)

 9月3日公開の『科捜研の女-劇場版-』の公開を今から楽しみに待ちたい!

関連リンク

  • 7/1 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます