彼はどう...?「本当に大切にしている女性」には絶対に言わないことって?

拡大画像を見る

 男性は無意識のうちに、女性の前では良い男性であろうとしています。優しく接してくれていたり、ふたりきりでいるときに、良い雰囲気になったというだけでは、なかなか本命なのかどうか判断することができませんよね。  今回は、本当に大切にしている女性には絶対に言わないことについて、ご紹介していきます。男性の言動に注目しておいて、自分が彼の本命なのかどうかを判断するようにしましょう。  


「あの子も誘っていい?」

本命の女性とふたりきりになれる機会があるのであれば、どのような状況であっても、チャンスを絶対に逃すようなことはしません。他の誰かを誘うこともなく、ふたりきりになりたがります。   本命の女性ではなく、ふたりきりにはあまりなりたくない女性の場合は、友達などを呼んで複数人で動くようにしているのでしょう。彼からふたりきりに誘われたり、自分が誘っても快く受けてくれるのであれば、本命の相手ということです。 


「あんなタイプが好き」

 本命な女性の前では、好きな女性のタイプを話したりしないという方も、多いのではないでしょうか。好きな女性のタイプは、本命の女性ということなので、言ってしまうと確実にバレてしまいます。 嘘をついて印象を悪くするのも嫌なので、わざわざ話題にも出さないのでしょう。男性は本命の女性からどのように思われているのか常に気にしています。誤解が無いように注意しているのでしょう。  


「何でもいい」

大好きな女性と話していたり、デートをしているなど、どのような状況だとしても、話していると質問をしたり、「どこに行きたい?」などと言うこともありますよね。聞かれた場合は、必ず答えを出します。  「何でもいい」「君が決めていい」などのような投げやりな返事は絶対にしません。相手に委ねるようなことばかりを言うというのは、興味を持ってない証拠かもしれないので、彼の様子を観察して判断しましょう。 


本命の女性には良い男性に見られたい

男性は本命の女性に対して、誰にも取られたくなかったり、いい男に見られたいという気持ちも強くなります。 他の男性が一緒にいるというシチュエーションに対して、抵抗を感じていなかったり、どのように思われているのか気にしないような言動があるのであれば、本命ではない可能性があります。 


まとめ

本命の女性に対してしている言動と、本命ではない女性にしている言動は、分かりやすいほど違っているので、よく見て判断してください。  (ハウコレ編集部)   

関連リンク

  • 7/1 7:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます