【運動神経が悪そうなジャニーズランキング】嵐・櫻井翔、二宮和也は「実はドンクサ」!?

拡大画像を見る

 少し前まで「バク転ができないとジャニーズに入れない」という話がまことしやかにささやかれていた。実際に、普通のダンスだけでなくハイレベルのアクロバットをこなすジャニーズもいるが、古くは元SMAPの中居正広と稲垣吾郎、嵐の櫻井翔と松本潤、関ジャニ∞の大倉忠義、横山裕、丸山隆平はバク転ができないと公言していた。そこでここでは、10~30代の女性100人に「運動神経が悪いと思うジャニーズ」について聞いてみた。

 第3位は、嵐の二宮和也、Kis-My-Ft2の玉森裕太、ジャニーズWESTの中間淳太が同率でランクイン。

 二宮和也は最近、自身が中心となって立ち上げたYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』が、開設からわずか3か月でチャンネル登録者数250万人を突破し、話題を集めた。もともとインドア派を公言している二宮だが、実は嵐の中でも運動神経はピカイチ。小学生時代は野球をやっており、ライブでもバク転を披露し、大野智と並んで嵐ではダンスがうまいメンバーだ。

 しかし、二宮を選んだ人からは「見た目がひ弱そうだから」(39歳/女性/広報・宣伝)、「お腹が出ている。どんくさそうだから」(23歳/女性/学生・フリーター)、「お腹がぷよぷよでゲームばかりしているイメージ」(28歳/女性/企画・マーケティング)などインドアなせいで「鈍い」と思われていた。

 続いての玉森裕太は、王道アイドルタイプのキスマイのセンター。ダンスのうまさには定評があるが、選んだ人からは「激しいダンスが下手だと思う」(38歳/女性)、「『キスマイブサイク』で、運動系が壊滅的だった」(39歳/女性/主婦)、「100メートル走の走り方が独特だった」(27歳/女性/営業・販売)、「『キスマイブサイク』でハードル走をしているときに、走り方がダサかった」(27歳/女性/主婦)などの理由が多く挙がっていた。

 玉森は2015年放送の『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)で、「彼女に贈るかっこいい100メートル走」という企画でメンバーと競ったが、タイムはビリ。しかも内股でバタバタした、いわゆる“女の子走り”で、視聴者も「ヤバい」「ポンコツ」「衝撃」とザワザワ。玉森は「昔からフォームがダサいって言われていて」と明かし、ドラマなどで走るシーンではよくNGを出されると語っていた。

 一方、英語、中国語が堪能で、関西のニュース情報番組『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(テレビ朝日系)にレギュラー出演するなど、インテリな一面もある中間淳太。今年2月放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)でクライミングウォールを体験したが、地面から20センチのところで「僕はできないほうのジャニーズ……」と弱音を吐き、落下。中間は以前から運動神経に自信がないと公言しており、学生時代のスポーツテストは「公開処刑」だとボヤいていたこともある。

 中間を選んだ人からは、「本人が言っていた。バラエティ番組で運動神経が悪いのをネタにしてたから」(22歳/女性/主婦)、「『ヒルナンデス』を見て、運動音痴だと思った」(31歳/女性/主婦)、「前から自分でよく言っている。もうそういうキャラだと思う」(18歳/女性/学生・フリーター)など、すでに中間の運動神経の悪さは定着しているようだ。

■1、2位はなにかと比較されやすい2人

 第2位は、関ジャニ∞の村上信五。

『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)や『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』(フジテレビ系)など、MCとしての活躍が目立つ村上。ジャニーズでもバンド形式の関ジャニに、あまりダンスのイメージはない。村上を選んだ人からは「ダンスの振りが覚えられないと言っていた。ライブ中のダンスを見てそう思った」(24歳/女性/総務・人事・事務)、「以前、テレビ番組で走っているところを見たら、運動神経が悪そうな走り方だった」(37歳/女性)、「バラエティ番組を見て鈍くさい感じがした。なんとなく鈍いイメージ」(36歳/女性/主婦)「運動神経悪い芸能人みたいな番組に出ていた」(36歳/女性/デザイン関係)などの理由が挙がった。

 村上は、バラエティ番組でダンスについて「全然」と明かし、ジャニーズにはダンスがうまい人が多いため「そんなとこで戦ってなんになります?」と諦めの表情。関ジャニ∞のメンバーからは「持っていたコーヒーをバッグに流し込んだ」「窓ガラスに気づかずによくぶつかる」という天然エピソードを暴露されたこともあり、なんとなく運動神経が鈍いと思われているようだ。

 そして2位以下を大きく突き放して第1位になったのは、嵐の櫻井翔。

 ニュースキャスターからバラエティ、音楽番組のMCを務め、6月に最終回を迎えたドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)では広瀬すずとダブル主演を務めるなど、マルチな活動で欠点のなさそうな櫻井。しかし、今年1月にスタートした『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)で、25年間できなかったバック転に挑戦。体操講師の指導のもと1か月間猛練習した成果を番組で生披露するはずが、結局人による補助つきでのバック転を見せ、「1か月間、死に物狂いでやったんですけど、限界」とうなだれていた。

 櫻井を選んだ人からも、「『SHOWチャンネル』でのバック転チャレンジ」(32歳/女性/主婦)という意見は多く、他にも「『嵐にしやがれ』でドジな姿を見たから」(24歳/女性/学生・フリーター)、「『VS嵐』のゲームで、運動神経の悪さを発揮していた。動きが硬い」(19歳/女性/学生・フリーター)、「ダンスをアレンジしようと思ったことはないと言っていたから」(35歳/女性/総務・人事・事務)、「運動は苦手と言っていた。頭はいいけど運動神経はないのかなと思った」(28歳/女性/総務・人事・事務)などの理由が挙がった。

 ジャニーズでは最近、歌やダンスだけでなくサバイバルやものまねなど、いろいろな才能、特技を生かして活躍する人も多い、多少運動神経が悪くても武器があれば問題なし!?

関連リンク

  • 7/1 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます