浅田真央がDカップに!?突如の“ボディー完熟化”にファン騒然!

拡大画像を見る

 6月26日、フジテレビの三田友梨佳アナが、インスタグラムを更新。三田アナは昨年まで、同局のフィギュアスケート中継を務めていたが、同日にBSで放送された「浅田真央サンクスツアー 千秋楽公演」では浅田本人と副音声を担当。〈私は真央さんの現役時代から試合後のインタビューを担当させていただいていましたが、こうしてまた当時のお話を伺えて本当に本当に幸せな時間でした!〉と綴り、浅田とのペアショット写真をアップしたのだが、その浅田の姿に思わず目を奪われたファンが多かったようだ。

「2人は座った状態で向き合い、こちらに顔を向けているのですが、三田アナがスレンダーすぎるせいか浅田の肉付きの良さがやたらと目立ち、しかもバストが大きい(笑)。おそらく推定Dカップはあると思われ、ヒップのほうもかなりボリューミーなんです。浅田は姉の舞が出るところは出るメリハリボディなのに比べ、比較的“平坦”なボディで、胸の存在感はあまり無かったはずですが…」(エンタメ誌ライター)

 そのためネット上では、〈真央ちゃん、なんだか急にボディが大人になったな〉〈バストがお姉ちゃんに追いついたように見える。何かあったのか?〉などと驚きの声が上がっているのだ。

「浅田もすでに30歳になったことから肉付きが多少よくなってもおかしくはありませんが、今回のパツパツ感には驚かされましたね。彼女にはこれまで、外国人も含め数人の男性との関係を報じられていますが、どのケースも“同僚”や“弟のような存在”ばかりで決定的なお相手は発覚していません。ただ、引退後の感謝の意味を込め18年5月から始めたアイスショーが4月についに終了し、今はプライベートにも余裕ができている。いつでも男性を受け入れられる完熟ボディ状態であることは間違いなさそうです」(芸能ライター)

 そろそろ熱愛発覚となるか。

関連リンク

  • 7/1 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます