北村匠海、ライブで培ったMCの実力発揮 「こっちの方が性に合っている」

 俳優の北村匠海が30日、都内で行われた映画『東京リベンジャーズ』リベンジプレミアイベントに、共演の鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、間宮祥太朗と共に出席。イベントでMCを務めた北村が「こっちのほうが性に合ってる」と笑みを浮かべた。

 和久井健の人気漫画『東京卍リベンジャーズ』(講談社「週刊少年マガジン」連載中)を実写化する本作は、フリーターとしてどん底の生活を送っていた主人公タケミチ(北村)が、人生唯一の彼女だったヒナタ(今田美桜)の事故死をきっかけに、弱小不良だった高校時代にタイムリープし、彼女が死ぬ未来を変えるために奮闘する姿を描く。

 北村は「本当にやっと届けられたという気持ち。撮影自体も自粛やらなんやらで何度も止まり、そのたびにリベンジをして今がある。本当のこと言うと去年公開されるはずだった映画なので、映画が完成する・公開するってこんなに感動できるんだってまた改めて感じていますね」としみじみ。

 また間宮は「僕と尋也は『ちょっと続編ないことには困っちゃうな』っていう。映画を観たら俺が言っていることの意味がわかると思うんですけど、本当に続編は需要が生まれるという意味で、お客さん次第だと思うので、大きくはリベンジャーズに関わったみんなのために、小さくは俺と尋也のために続編の後押しをしていただけるとうれしい」と語った。

 イベント中盤には、北村がMCとなりキャスト陣にさまざまな質問をぶつけるコーナーに。北村は「任せてください。MC、いいんですか? 名MC披露しちゃって」と自信満々でMCの立ち位置に移動すると、声色を変えて「はい、ということで始まりました!」と気合い十分。清水は「ギアが上がったね」と目を丸くした。

 北村は「この中で本当にヤンキーだったら誰が強いと思うか」という質問を読み上げると、「2択なんよ。間宮くん VS 鈴木くんなんよ」と体格の良い2人が強いと予想。すると間宮は「郷敦が空手すごい」と情報を提供。「空手はずっとちっちゃい頃からやってましたね」と言う眞栄田は、「一番いい成績は?」と尋ねられると「全米2位です」と真顔で回答した。

 この答えに衝撃を受けた一同は「あ、決まった」「優勝」と眞栄田の強さを確信。鈴木は「郷敦しか勝たん」と称賛し、間宮は「全米2位!? 全米2位っておもしろ」と眞栄田の実力に笑うしかなかった。

 MCを務めた感想を聞かれた北村は、「MC、ライブでもやってたりするのでむしろ楽しいですね。こっちの方が性に合っている気がします」と笑みを浮かべていた。

 映画『東京リベンジャーズ』は7月9日より全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/30 22:32
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます