【帝王賞結果】3連単238万の大波乱! テーオーケインズが3連勝で戴冠、 9歳馬ノンコノユメが2着

拡大画像を見る

 30日、大井競馬場で行われた帝王賞(4歳上・JpnI・ダ2000m)は、好位でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の4番人気テーオーケインズ(牡4、栗東・高柳大輔厩舎)が、直線で内から一気に抜け出し、2着の10番人気ノンコノユメ(セ9、大井・荒山勝徳厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分2秒7(重)。

 さらにクビ差の3着に6番人気クリンチャー(牡7、栗東・宮本博厩舎)が入った。なお、1番人気オメガパフューム(牡6、栗東・安田翔伍厩舎)は5着、2番人気チュウワウィザード(牡6、栗東・大久保龍志厩舎)は6着、3番人気カジノフォンテン(牡5、船橋・山下貴之厩舎)は10着に終わった。

 勝ったテーオーケインズは、父シニスターミニスター、母マキシムカフェ、その父マンハッタンカフェという血統。名古屋城S、アンタレスSに続く3連勝でJpnI初制覇を果たした。

関連リンク

  • 6/30 20:09
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます