【豆知識】築地銀だこグループには「銀だこ」じゃないたこ焼き屋がある / 東京・エキュート上野『大釜屋』

拡大画像を見る

私(佐藤)は飲食チェーンの企業サイトを見るのが好きだ。なぜなら意外な発見があるからだ。

たとえばドトールコーヒー(株式会社ドトール・日レスホールディングス)が「星乃珈琲店」や「パンの田島」を運営していて、関係なさそうなブランド同士が実は仲間だったと発見した時、私は興奮してしまうのだ。コレはもはや趣味と化している。

最近も、銀だこの運営会社ホットランドのサイトを見ていたところビックリ仰天の事実発見! ホットランドの仲間にはもうひとつたこ焼きチェーンがあった! 銀だこだけじゃなかったんだーーーっ!!

・もう1つのたこ焼きチェーン

ホットランドのブランド紹介ページを見ると、トップに表示されるのは当然ながら「築地銀だこ」である。同社の看板といっても良いだろう。次に「薄皮たい焼き 銀のあん」、天ぷら専門店「日本橋からり」と続いて、アイスクリーム専門店「コールド・ストーン・クリーマリー」の名前がある。

さらにページを見るとグループ会社のブランド紹介があり、ページの真ん中くらいに「創業以来たこ一筋 大釜屋」が表示される。たこ一筋だって? まさかとは思ったが、そのまさかだったんだよ!

このブランド、なんとたこ焼き屋だった!

ブランドの説明には次のように記されている。

「新鮮なタコを鉄釜でふっくらやわらかく茹で上げ、ふわふわの生地で包んでお届けします。銀だことは一味違うたこ焼をご賞味ください

う~む……、グループ内で2つも “たこ焼きしていた” とは知らなかった。「大釜屋」について調べてみたところ、さらに驚いたことに、東京・上野駅の商業施設「エキュート上野」に2015年から存在していた。そんなに前からあるのに知らなかったなんて……。

・銀だこより少し安い

このお店は少々特殊だ。というのも運営は「ジェイアール東日本フードビジネス株式会社」(JEFB)で、お店の半分はJEFBの居酒屋「はいり屋」、もう半分が大釜屋になっている。銀だこの仲間のたこ焼き屋を、JR東日本が居酒屋と一緒に運営している……。ああ~! ややこしい!! とにかくたこ焼き食うぞ。

11時までは、はいり屋だけのメニューを提供しており、それ以降は大釜屋のメニューも出している。したがってたこ焼きを食べたければ、11時以降に訪問することをオススメする。

さてメニューを見ると、最初に現れたのは釜めしだ。名物は「たこ釜めし」とのこと。

次のページにたこ焼き発見! お店の売りはソースたこ焼きだ。ちなみに価格は銀だこが8個で税込590円(店内)。大釜屋が8個で税込580円(店内)となっている。

・レアなお店

実際にたこ焼きを食べるとしようか。ソースたこ焼き(税込580円)に追加でねぎトッピング(+税込60円)を注文し、出てきたのがコレだ。

パッと見た印象は、ほぼ銀だこ。トッピングが一切なかったとしたら同じモノに見えるかもしれない。ソースの色がちょっと違うかな? とにかく食べてみないと違いはわからない。

食べると、衣が硬い印象を受けた。銀だこが「カリカリ」としたならば、大釜屋は「ザクザク」としているかな。まるで揚げたのかと思うほど、歯ざわりがしっかりしている。

だが、中のふわとろ感は銀だこと似ている。具体的に使用している食材の違いは感じられなかったが、衣の硬さを除けば、ほとんど銀だこと言っても良いかもしれない。

ちなみに大釜屋は、ここ上野のお店を含めて全国に9店舗しかないレアなお店だ。機会があれば、銀だこと大釜屋、2つのたこ焼きを同時に食べ比べするのも面白いかもしれないぞ。

・今回訪問した店舗の情報

店名 大釜屋 エキュート上野店
住所 東京都台東区上野7-1-1JR上野駅ecute上野内
時間 7:00~21:00 土日10:00~18:00
定休日 なし(施設に準ずる)

参考リンク:大釜屋、株式会社ホットランド、株式会社ドトール・日レスホールディングス、FOODLABO
執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

関連リンク

  • 6/30 20:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます